REGARD

042-320-4422
イングリッシュガーデン

庭に自然な美しさを

イングリッシュガーデンの魅力については過去記事でもご紹介しました。
植物に囲まれたナチュラルな印象のコテージガーデンは、都会の小さな土地でも植物に囲まれた家を実現可能です。

毎日たくさんの植物に囲まれて生活していると、なんだか心にゆとりが生まれるような気になりますよね。それだけ植物の癒し効果は大きいものなのでしょう。

しかし、植物が大好きなのは人間だけではなく、人間にとっては厄介な害虫たちもそんな植物に寄って来てしまいます。
植物に囲まれた家では庭の手入れや害虫対策は欠かせません。
詳しく見ていきましょう。

イングリッシュガーデンとは

イングリッシュガーデンの定義はしっかり決まったものはありません。
一般的には自然をモチーフとして池や小道、植物などが自然にできたように作った庭を指すようです。

フランスのヴェルサイユ宮殿のように、きっちりと植栽を様々な形にカットした人工的な印象のものではなく、あくまで自然に植物が自生しているかのような雰囲気のものがイングリッシュガーデンのイメージだと思ってよいでしょう。

庭づくりに取り入れる方法

本格的なイングリッシュガーデンを作るとなると、池や小道にたくさんの植物など、土地の広さも必要になります。
都心でそこまでできる土地はなかなかありませんよね。
都心部の庭でイングリッシュガーデンを取り入れるなら、イギリスの田舎の一軒家をイメージしながら鉢植えを置いてみたり、小物やハンキングを活用して見たりすると良いでしょう。
アプローチから玄関まで距離があればレンガや木材などナチュラルな材料で小道を作っても良いですね。
よく取り入れられる植物はバラ、ラベンダーなど。
細かい規定があるわけではないので思い思いのイメージでイングリッシュガーデン造りを楽しみましょう。

庭作りに必須「害虫対策」のコツ

イングリッシュガーデンではバラを植えることが多いです。
バラはとても良い香りですが、その香りに害虫も誘われるため害虫対策は必須です。
日頃の水やりの際に害虫がついていないかよく観察して、見つけたらこまめに駆除をしましょう。
殺虫剤・殺菌剤を使用したり防虫グッズを取り入れる、アルミホイルで囲う、などの対策も必要になります。
そして、一番は虫の好む環境を避けることです。
こまめに手入れをすることで虫が巣を作りたくないような、綺麗な環境を整えましょう。

無料セミナーのご案内

第47回 ~知らなきゃ損する~ 後悔しないための賢い家づくり勉強会 「3割引で住宅を取得する方法とは?」などウェブではわからない耳寄りな情報が得られる特別講義。
アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD