REGARD

東京都心で農業が出来る! 「貸し農園」で都市農業はじめませんか?

都市でも農業ができる貸し農園!

家庭菜園に興味があるけど、都心は地価が高いしムリかな…とお考えのあなた。

「貸し農園」ってご存知ですか?貸し農園の開設数は年々増加しており、全国で3000以上の農園が開設されています。

ベランダ菜園ではなく、もっと本格的な野菜作りがしたいという方なら、貸し農園を活用することで本格的な農業を楽しむことができます。

中でも都心部に開設されている農園の数は、全国の約8割を占めており、東京都など都市に暮らす人にとって身近な場所になってきています。

ここでは、貸し農園の種類や選び方についてご紹介しましょう。

貸し農園にはどんな種類があるの?

貸し農園とは、都市の住民が、小面積の農地を利用して野菜や花を育てるための農園のことをいいます。

貸し農園の利用者には様ざまなルールが設けられています。

例えばある貸し農園には、以下のようなルールがあります。

・自宅や職場から毎週最低一回は通える距離にあること
・インストラクターの指導を受けること
・無農薬で栽培すること

貸し農園には、地方公共団体、農業協同組合、農家などが開設しているもの、民間企業やNPOなどが開設しているものがあります。

貸し農園は市民農園とも呼ばれており、レジャー農園、ふれあい農園などの愛称もあります。

貸し農園のことならプロに相談しよう

例えば国分寺には、国分寺市が運営する5つの市民農園があります。

地方自治体の運営する農園がいっぱいでも、あまり知られていない貸し農園がある可能性はあります。

地価が高く庭の広さを確保しにくい都心でも、農作業が出来るかもしれません。

「家庭菜園を持ちたい」などのご希望をお持ちの方は、お気軽にリガードへご相談ください。

・お問い合わせ

まとめ

今後も都市近郊を中心に、様々なタイプの貸し農園が増えていくことが予想されます。

便利な仕組みを上手に活用して、土とふれあえる理想の生活を実現しましょう。

関連する記事を見る