REGARD

子供の落書きに、連絡ボードに 黒板ボードのあるエントランスの暮らし

賃貸住宅での落書きトラブル例

家の床や壁に子供が落書きして困った、という経験はありませんか?賃貸住宅の場合は、退去の際に負担しなくてはいけませんし、大家さんへの連絡も気が重いですよね。ついカッとなって子供に怒鳴ってしまった…という経験もあるのではないでしょうか。管理会社によっても異なりますが、汚したところのクロス張替えの代金が、最低でも数千円以上請求されることになります。クロスの柄が廃盤になっていると、部屋全体の張り替えが必要になり、さらに多くの費用が請求されるかもしれません。今回は、子供の成長に合わせた生活環境について見てみましょう。

年齢に伴う子供の絵の発達

自由に絵が描ける環境があるのは、子供にとってとても大切なことです。子供の絵は年齢が上がるに従い、点々のなぐり描きから、閉じた丸の中に目・鼻・口など部品のある絵や、輪郭線のある絵へとだんだん進歩していきます。しだいに漫画などの絵のタッチを真似るようになり、成熟した絵になっていきますし、戦いの場面やお花とうさぎさん、家の中の様子など、男女の違いも際立ってきます。子供の絵の発達は、年齢に応じて段階を踏ませることが大切なのです。子供が自由に絵を描けるような生活環境があれば、理想的ですよね。

自由に絵が描ける環境のことならプロに相談しよう

リガードの「トレッティオ」では、黒板ボードのあるエントランスを提供しています。遊び場やギャラリー、家族の連絡ボードなどに活用でき、家族の自由な暮らしを支援しています。もちろん、子供が他の場所に落書きしないよう注意するのも忘れないようにしましょう。子供の絵の発達に合わせた環境のことなら、住まいのプロに相談してみることができます。黒板ボードのあるエントランスの暮らしのことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

自由に絵が描ける環境があるのは、子供にとってとても大切なことです。リガードのトレッティオに相談して、子供の成長に合わせた理想の生活を実現しましょう。

関連する記事を見る