REGARD

ワイヤープランツ、ヒューケラ、ハツユキカズラ 地植えでも育てられる植物で庭を彩る

マイホームならではのガーデニングの楽しみ方「地植え」

庭のスペースに余裕があれば、ガーデニングで綺麗に庭を彩りたいものですね。賃貸やマンションではプランターでちょっと植物を植えることくらいしか楽しむ事ができませんが、自分の土地であれば地面に直接植える「地植え」を存分に楽しむ事ができます。
今回は、マイホームならではの庭づくり「地植え」についてご紹介します。

地植えとは?

地植えとは、プランターなどの容器を介さずに、直接地面に植物を植えることを言います。鉢植えやハンキングバスケットなどの容器に入れるガーデニング方式と対置されます。
地植えに向いている植物と、鉢植えに向いている植物は異なります。それぞれの環境にあった植物を選ぶ事が、その植物を長く美しく楽しめるコツです。

地植えで育てられる植物の例

地植えは鉢植えのように場所を移動する事ができないので、日当たりの良さや水はけの良さ、風通しなどその場所の環境にあった植物を選ぶ必要があります。
以下では、地植えでよく植えられる代表的な品種をまとめています。

ワイヤープランツを地植えで育てる

小さな葉っぱが可愛らしいワイヤープランツは、鉢植えでも人気がありますが、地植えをされる方も多いです。日当たりが良くても悪くても育ちますが、乾燥に弱く、水切れを起こしやすいので、こまめな水やりが必要になります。しかし、水をあげすぎると根腐れしてしまうので注意しましょう。また、丈夫で成長が盛んなので隣地や道路に進出しやすく、剪定が必要になります。

ヒューケラを地植えで育てる

寄植えなど鉢植えによく使用されるヒューケラですが、地植えも可能な植物です。しかし、地植えの場合でも適度に植え替えを行なうと土の養分が足りなくならずに長持ちします(3〜5年に1度)。地植えでも土の栄養を保つためには植え替えが効果的です。しかし、植え替えに弱い品種もあるので全ての植物に植替えが良いとは限りません。
ヒューケラは日陰でもよく育ちますが、夏場の高温多湿は苦手なので、夏場の水やりは朝や夕方など涼しい時間帯に行います。

ハツユキカズラを地植えで育てる

個性的な色合いの葉が特徴のハツユキカズラ、秋には紅葉も楽しめる品種です。地植えをする場合は、春から初夏、または秋に植えるようにします。水はけの良い土を好むので、植える環境には注意しましょう。乾燥してしまうと葉っぱが落ちてしまうので、地面が乾来すぎないよう、土の表面が湿るくらいの水をやります。

地植えを楽しめる庭ならリガードまで

地植えはマイホームだからこそ楽しめるガーデニングです。東京の狭い土地だと、家を買ったら地植えを楽しもうと思っても、設計段階で庭のスペースが取れず残念…ということも少なくありません。
リガードでは、土地探しの段階からのアドバイスもさせて頂いておりますので、ガーデニングスペースを確保したい方はお早めに一度ご相談ください。また、打ち合わせの際に外構プランのお話もさせて頂きます。東京でガーデニングを楽しみたいとお考えの方は、リガードまでご相談ください。

CATEGORY

植物,

関連する記事を見る