REGARD

グリーンカーテンって冬はどうなる? 越冬できる品種まとめ

グリーンカーテン、冬はお役御免なの?

夏の日差しを遮り、今年も良い仕事をしてくれた「グリーンカーテン」。特に日中暑くなる窓際は、グリーンカーテンがあると10度近くも気温が下がるという実験結果も出ているくらい、高い効果が期待できます。グリーンカーテンを設置して、夏のエアコン代が節約できたという方も多いのではないでしょうか?

しかし、「今年からグリーンカーテンを設置した」という方の中には、「グリーンカーテン、冬はどうすれば?」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
グリーンカーテンとして人気のウリ系植物は一年草ですので、秋から冬にかけてカーテンを撤去することになります。しかし、多年草の植物を選べば、冬もグリーンカーテンを楽しむことができますよ。

代表的な「冬は枯れてしまう」グリーンカーテン

ゴーヤのグリーンカーテン

グリーンカーテンとして一番人気の「ゴーヤ」。葉が大きく日差しをしっかりと遮ってくれる上、夏には美味しい実をつけるのも嬉しいですね。
苗からプランターで育てるのが初心者でも育てやすく、植える時期は4〜6月の初期です。

ヘチマのグリーンカーテン

4〜5月にタネをまき、9月頃に黄色いか愛らしい花が咲きます。病気に強く成長も早いので、グリーンカーテン初心者にもオススメです。ヘチマの実を乾燥させてタワシに加工したり、樹液をとってヘチマ水を作ったりと活用の幅が広いです。

「越冬できる」グリーンカーテン

カロライナジャスミンのグリーンカーテン

春に黄色い小さな花を咲かせます。ジャスミンに香りが似ていることからこの名前がつけられましたが、お茶に使用されるジャスミンとは全く別物の植物です(毒性があるので注意)。多年草なので越冬しますが、秋から冬にかけて葉は黄色く変色します。

クレマチスのグリーンカーテン

夏に花を咲かせるイメージのあるクレチマスですが、品種によって秋にも花を楽しめるものもあります。花の色も紫や白など複数あるので、ミックスさせても可愛いですね。

戸建住宅でグリーンカーテンを楽しむなら

マンションでは階数も高く、壁面のスペースも限られます。また、グリーンカーテンが伸びすぎて別の世帯のベランダに入ってしまっては大変ですので、思い通りのグリーンカーテンを設置することは難しいですよね。高所にあるベランダでの作業には危険も伴います。
戸建て住宅では、隣家にカーテンが侵入する心配もないですし、1階にプランターを設置、または地植えすることができるので作業も安全です。
マンションで思い通りのグリーンカーテンを育てることができないとお考えの方は、セミオーダー住宅のリガードまでぜひご相談ください。グリーンカーテンを含めた外構プランで、集合住宅では諦めていた素敵なグリーンカーテンのある家を実現できます。

CATEGORY

植物,

関連する記事を見る