REGARD

北欧インテリアは木材にこだわろう! 新築だから出来る床へのこだわり

世界中から人気の北欧インテリア

北欧インテリアは世界中から人気を集めており、今や日本でも定番となっています。新築住宅を建てる段階で、リビング・キッチン・ベッドルームを、おしゃれな北欧インテリアにしようと意気込んでいる方も少なくないことでしょう。でも、いざ北欧インテリアを取り入れようとすると、なかなか具体的なイメージが出てこないことってありますよね。ここでは、施工時に出来ることや、新築だからこそ出来る床や木材へのこだわりについてご紹介したいと思います。

床の木材にこだわる北欧インテリア

北欧インテリアを演出するには、何と言っても「木材」が重要です。北欧は森林資源の豊かな地域であることから、床・テーブル・椅子の足などに木を取り入れると、北欧「らしさ」を出すことができます。新築でしか出来ないこだわりは「床」で、無垢の床を使うとリビングの印象ががらりと変わります。木材一覧にある代表的な材料は、アカシア・パーチ材・メープル材などですが、無垢材をベースに所々にヴィンテージな木材を組み合わせると、自分だけの味を出すこともできます。天然木の温かみとナチュラル感が空間を覆うように、全体にナチュラルで統一感のあるコーディネートを楽しんでみましょう。

北欧インテリアのことならプロに相談してみよう

日本にあらわれた北欧インテリアは、もともと北欧の風土に合わせて作られたインテリアですから、住まいの日本らしさとのバランスが重要です。木材を使ったナチュラルベースが基本ですが、間接照明や北欧家具などを工夫すれば、おしゃれで温かみのあるモダン空間を作ることができます。北欧インテリアには専門的な知識が必要ですから、北欧インテリア実例集を参考にするのも良いでしょう。セミオーダー住宅のプロ・リガードの北欧インテリアに気軽にご相談ください。

まとめ

無垢の木を使ったフローリングには、空間を引き立てる力があります。床の木材にこだわった北欧インテリアで、おしゃれで素敵な住まい環境を実現しましょう。

関連する記事を見る