REGARD

フィンランド生まれのマリメッコが魅せる、北欧風の家造りとは?

フィンランドの国民的ブランド「マリメッコ(marimekko)」

フィンランドで生まれたファブリックブランド「マリメッコ」は、フィンランド国内では知らない人がいないと言われるほど人気の国民的有名ブランドです。

マリメッコとは、「小さなマリーのためのドレス」という意味で、1951年にアルミ・ラティアとその夫ヴィリオによって設立されました。

マリメッコを一躍有名にしたのが、1960年のアメリカ大統領選挙です。

故ジョン・F・ケネディ氏がアメリカ大統領選挙に出馬した際に、夫人のジャクリーン氏がマリメッコのドレスを着用しました。

当時、ケネディ夫人の人気は絶大なものだったことが手伝って、マリメッコは世界的有名ブランドになりました。

現在では世界中に26の直営店舗、1000を超える取扱店を持っており、服や雑貨から生活雑貨やインテリアまで、様々な商品を手がけています。

日本では北欧インテリアブームの頃からマリメッコ人気に火がつき、現在でも全国でマリメッコ展が開催されるなど根強い人気を誇っています。

マリメッコと言えば、カラフルで大判のケシの花柄が目を引く「ウニッコ」柄が定番ですが、他にも枯れ木に花が咲いたようなデザインの「ルミマルヤ」、ローズ柄の「ヴィッキルース」など、様々な柄が展開されています。

その色彩豊かな鮮やかさと可愛らしいデザインがブランド設立から60年近く経った今もなお、現代の人々の心を捉えては離さないのです。

マリメッコでインテリアを北欧風にアレンジ

マリメッコのオシャレなファブリックを上手に用いれば、ハンドメイド初心者から上級者まで、納得の北欧風インテリアを作ることができますよ。

例えば、テーブルクロスです。

テーブルクロスなら、マリメッコのファブリックをそのまま利用できるので、ハンドメイドが苦手な人でも簡単に取り入れることができます。

簡単なのに、味気ない机が一瞬で華やかな印象になるのでオススメです。

また、カーテンや寝具、ソファカバーに取り入れるのも良いでしょう。

マリメッコの鮮やかな柄は、お部屋のインテリアのアクセントとして活躍することができます。

カーテンや寝具などは、マリメッコの店舗で購入することもできますが、生地を買って手作りをしても良いですね。

手作りですと価格が抑えられるだけでなく、布地の柄の出し方も好きなように作ることができるため、よりこだわりたい方にもオススメです。

さらに、パネルにファブリックを貼り付けて作るファブリックパネルも、お部屋の印象をガラリと変えることができるオススメアイテムです。

大きなアイテムだけでなく、トイレットペーパーにマリメッコのペーパーナプキンを巻いて魅せる収納、石鹸や小皿、キャンドルなどにマリメッコのペーパーナプキンをデコパージュするなど、マリメッコは小物のアレンジにも大活躍します。

大きなものにマリメッコを取り入れるのは難しそうだと感じる方も、小物なら気軽に北欧の人気デザインを取り入れることができますよ。

マリメッコのモチーフは応用が効くので、家づくりや部屋づくりが楽しくなりますね。

マリメッコは、鮮やかな花がらの「ウニッコ」以外にも、カイヴォやピップリケラなどの落ち着いた色合いの柄もたくさんあるので、ぜひお部屋の雰囲気や自分の好みに合ったものを見つけてアレンジを楽しみましょう。

マリメッコで北欧インテリアを楽しもう!

鮮やかなデザインから、シックなモノトーンなデザインまで、マリメッコには様々なモチーフがあります。

そのため、マリメッコはアイディア次第でお部屋を存分に彩ってくれることでしょう。

北欧仕様の高気密・高断熱の暖かい部屋を手に入れたあかつきには、お部屋のデザインにも北欧を取り入れてみてはいかがでしょうか?最近では、マリメッコの素敵なモチーフをインテリアに取り入れて、SNSに投稿するのも楽しさの一つかもしれませんね。

北欧風の高気密・高断熱の家、北欧風のデザインを取り入れた家づくりについては、ぜひリガードまでお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る