REGARD

シャビーシックな住宅の魅力 上品で愛らしい家づくりのポイント

シャビーシックとは?

今話題のインテリアスタイルと言えば、「シャビーシック」でしょう。

シャビーシックのシャビーは着古した、みすぼらしいなどの意味、シックとは上品、垢抜けたなどの意味を持ちます。

つまり、シャビーシックとは、使い古されて味が出て、それでいて品や優雅さがあるという意味になります。

フレンチコテージスタイルなどが、シャビーシックスタイルの代表です。

世界中のセレブやモデルに大人気のシャビーシックは、主に若い女性に支持されています。

基本は女性好みのインテリアではありますが、インダストリアルなテイストを取り入れて、男前なインテリアにすることも可能です。

様々なスタイルに取り入れることが可能なシャビーシックインテリアの取り入れ方をご紹介します。

シャビーシックの取り入れ方

シャビーシックなインテリアは、家のどこにも取り入れることができます。

リビングでは、ソファやテーブルなどの家具をシャビーシックに。

白っぽいアンティーク調の家具で統一することで、ヨーロッパ風の雰囲気を味わうことができます。

キッチンでは、ちょっとレトロな調理台や懐かしい昔ながらの調理器具を並べて。

塗装がちょっと剥がれかけている方が、シャビーシックには合いますね。

ミラーはシャビーシックととても相性が良いアイテムです。

寝室には、お気に入りのデザインの大きな鏡を置いてみましょう。

それだけでお部屋はシャビーシックな雰囲気になりますし、大きな鏡があることで、毎日のコーディネートを考えるのも楽しくなりますね。

このように、シャビーシックは家全体で取り入れることが可能です。

自分で創り上げるのが難しいと感じたら

シャビーシックなインテリアには憧れるけど、自分で構築するのは思い通りのイメージにならないし、大変かもしれませんね。

インテリアの取り入れ方を間違えて、shabbyな(みずぼらしい)だけの住宅になってしまっては元も子もありません。

そんな方は、マイホームの建築をしながら夢を叶えるという選択肢もあります。

リガードでは、施主様が思い描く住宅を実現するお手伝いをさせていただきます。

ふんわりとしたご要望でも構いませんので、遠慮せずお伝えください。

新築なのにどこか懐かしさを感じさせる、シャビーシックな家をお望みの方は、ぜひリガードへご相談ください。

関連する記事を見る