REGARD

住宅見学会で押さえておくべきポイントとは

住宅の見学会って何が分かるの?

住宅の見学会はこれから家を建てようと考えている方必見の、家づくりに役立つ情報満載のイベントです。

家づくりに関する様々なことがわかるので、少しでも家を建てたいと考えている方にはぜひ参加していただきたいイベントですが、一口に見学会といっても様々な種類があります。

相談会

家づくりを考え始めた方にオススメなのが相談会です。
家づくりに関する費用のこと、土地のこと、設備のことなど様々なことを相談できます。

完成見学会

完成直後の出来立てホヤホヤの家を見学できます。
まだ住み始めていない家なので、家の隅々まで見学することができます。

構造見学会

建築途中の物件を見学できるため、家の内部がどのようになっているのかを詳しく見学することができます。
断熱材等がどのように入っているか等施工者が見えない部分にもきちんと手を入れているかと言うことがわかりますし、普段見れない住宅の内部を見学すると言うレアな体験ができます。

OB邸見学会

建築後数年経って、既にその家での暮らしを始められている家への見学会です。
実際に住んでいる状態を確認できるので、暮らしを想像しやすく、またお施主様の生の声を聞くことができます。

モデルハウス

ハウスメーカーや工務店が見学用に立てた家を見学できます。
家具なども置いて暮らしを想像しやすいのですが、モデルハウスなのでグレードの良いものを入れていたり、実際に立てる家よりも広い場合が多いです。

住宅見学会で押さえておくべきこととは

見学会で抑えたいポイントは見学会へ行く回数や、見学会の種類によって異なります。

始めて参加する場合はまずは雰囲気を掴むといった感じで家づくりのイメージを膨らませていくと良いでしょう。
回数を重ねていくうちに気になる部分が出てくるでしょうから、そこを重点的にチェックすると良いでしょう。

モデルハウスやショールームを見るときはその業者の得意とするデザインや機能をチェックしましょう。
完成見学会やOB邸見学会では実際にお施主様が立てた家を見学できますから、実際に立てる家により近いサイズ感を感じることができます。

持参すると便利なグッズは以下になります。

  • 撮影OKであればカメラ
  • 家具家電のサイズや廊下の幅等を図るためのメジャー
  • 暗い部分を見るための懐中電灯

見学会で家づくりのイメージを膨らまそう

リガードでは、生活のイメージがしやすくリガードの家づくりも見ていただきやすい完成見学会を随時行っております。
まずはお気軽にご参加ください。

関連する記事を見る