REGARD

家づくりの鍵は注文住宅の営業マンにあり。いい営業マンの特徴と出会う方法

家づくりに欠かせない存在となる営業マン。
良くも悪くも、家の質は営業マンの質によっても大きく変わってきてしまいます。
営業マンとの相性も大切ですが、良い営業マンかどうかは相性以前の問題かもしれません。

今回は、皆様に寄り添い、全員がハッピーになれるような家づくりを実現する営業マンの特徴と出会い方を紹介します。

いい営業マンの特徴

良い営業マンは、売上を上げるために無駄なオプションを推し進めるなどの押し売りはしません。
お客様のご要望にしっかりと向き合います。

その結果、本当にそのお客様にとって必要なものであればオススメをすることもあります。

また、お客様の希望プランが予算と合致しないというような場合でも、「それは無理ですね」や「予算あげるかグレード落としてください」といった冷たい言い方をするのではなく、まずはやんわりと難しいことをお客様にお伝えします。
そのあとに、「そのプランは難しいけど代わりにこのようなプランなら・・・」というように代替プランを提案してくれます。

お客様の心に寄り添った営業ができるのが、良い営業マンと言えるでしょう。

いい営業マンの出会い方

上記のような良い営業マンが良いのはわかっていても、出会えなければ意味がありません。

良い営業マンかどうか見極めるためには、まずは営業マンに遠慮せず質問をぶつけて見ましょう。
質問への返し方で、良い営業マンかどうかある程度見極めることができます。

特に、イレギュラーな質問に対して真摯に対応できるかどうかが大切です。
ありきたりな質問にはあらかじめ答えを用意していることが多いからです。

リガードのセミナーなら、自分で知識もつけられる

リガードの家づくりセミナーに参加することで、営業マンを判断するための「家づくりの基礎知識」がわかるようになります。

家づくりのセミナーに参加して、家づくりに関する知識をつけることで、営業マンの口車に乗せられず、ご自身の意見を貫くことができます。

良い営業マンに出会い、より良い家をよりオトクに立てる事ができます。

関連する記事を見る