REGARD

土地探しにおいて重要な「学区」の基礎知識

土地探し・土地選びで気になる「学区」のこと

土地を探す際の判断基準はたくさんあります。
通勤・通学に便利な場所であったり、近隣環境、近隣の施設等、治安の良さ、親族が近くに住んでいることや、沿線交通、その土地が好きといったものも重要な要素になるかもしれません。

さらに子供が学校に通っている場合や、今後学校に入る未就学児がいて入れたい公立校がある場合、「学区」も重要な要素になります。

「学区」は重要な要素ではありますが、それだけで土地を決められるものではありません。
「学区内」かつ最初に述べたような条件も満たさなければならないため、土地探しが大変になる傾向があります。

今回は土地探しと切っても切れない「学区」について詳しく見ていきましょう。

学区において知っておくべきこと

そもそも学区とは?

学区とは公立の小学校・中学校において指定されるもので、住んでいる地域によってどこの公立小学校・中学校に通うことになるのかが、あらかじめ決められている制度です。

例外もあるようですが、基本的に学区外の学校に通いたいと言っても引越しをしない限りは通うことはできません。
公立の小学校・中学校の場合は住んでいる住所で通う学校も決まってしまう、というわけですね。

学区と土地選び

子供が通っている学校を転校させたくない場合や、これから通いたい公立の小学校・中学校がある場合はその学区内で土地探しをすることになります。
特に評判が高かったり人気が高かったりする学校の学区内の場合、周辺の土地相場よりも値段が上がる場合もあるようです。

学区から考える「いつ家を建てるか」

子供が小学校に入学すると、「学区、通学距離を理由とする転校」の問題が浮上します。
家づくりのタイミングに悩むところですが、もし現在小学校入学前の子供がいて家づくりを迷っている場合、大きく分けてパターンは2つあります。

パターン1. 子供の小学校入学前に家づくりを進める
パターン2. 小学校入学後に、学区内の土地を探す

パターン1の場合は早めに動き出すことをオススメします。
まずは家づくりの第一歩を踏み出すためにも、リガードにお気軽にご相談ください。土地探しや家づくりについての質問に丁寧にお答えいたします。

パターン2の場合でも家づくりの情報収集を始めておくことは大切です。
リガードは西東京エリアに根ざした工務店ですので、学区内から土地を探すといった条件で対応することができます。人気の学区の場合、土地がなかなか見つからないといったこともありますので、どんな土地があるのか早めに探し始めるのも良いでしょう。

・REGARD BRAND CONCEPT
・アトリエ建築家と建てるオンリーワンの家づくり
・アトリエ建築家(一覧)
・お問い合わせ

関連する記事を見る