REGARD

意外と知らない?新興住宅地に住むということ

そもそも新興住宅地ってどんな土地なの?

「新興住宅地」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

新興住宅地とは、「それまで宅地として利用されていなかった土地(畑や山)を開発し、新たに住宅とした場所」のことで、主に都市部の近郊に多く見られます。

区画整理の過程でうまれることが多いとされており、その時は例外的に都市部にも見られます。

因みに、「新興住宅地」の反対言葉としては「成熟住宅地」や「旧新興住宅地」という言葉がよく使われています。

新興住宅地の特徴は良くも悪くも子育て世代が多いこと

では、新興住宅地に住むことのメリットは何でしょうか。

まずは、新しい街なので、子育て世代が多いことや自治組織が未成熟なために旧来の住宅地に見られる「しがらみ」が少ないということが挙げられます。

子育て世代が多いことから、公園緑地設置基準で公園が整備されていることが多く、子育て世代にとっては子供をのびのびと育てる環境が整っているので安心して過ごすことができます。

しかし、それ故にママ友などの近所づきあいも活発なので、近所づきあいが苦手!という人には、少し窮屈な環境かもしれず、注意が必要です。

新興住宅地のメリット・デメリットをしっかり抑えよう

新興住宅地は、道路や水道などのインフラが新しく、成熟住宅地と比べると、安全である可能性が高いです。また、地盤が強いことや、近隣との土地の境界も明確なのでトラブルが起きづらいということもメリットとして挙げられます。

しかし、反対にデメリットとしては、隣が更地の場合にどんな人がどのような家を建てるのかわからない点や、新興住宅地は郊外にある場合が多いため、交通の便が悪い可能性があります。

将来のことも考えた家づくりを

新興住宅地に家を建てる時には様々な角度からメリット、デメリットを把握して家づくりを検討したいものです。

家を建てる段階から将来どのように街が移り変わるかを予想できたら良いですね。

弊社は、新興住宅地が多いとされている西東京地区に拠点を置いているハウスメーカーです。

新興住宅地に家を建てたいと検討されている方は、是非弊社までお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る