REGARD

子育てを思う。町田市の教育目標と方針

新宿や横浜からのアクセスが良く、「遊びやすく住みやすい街」として定評のある東京都町田市。子育てしやすい環境も整っています。

では、そんな町田市はどのような教育目標と方針を掲げているのでしょうか。

今回は、町田市の教育目標と方針についてご紹介します。

教育プランの取り組みと課題

町田市が掲げる教育目標は、「夢や志を持って未来を切り拓く町田っ子を育てる」です。

子ども達の教育において、現状の課題としては以下のようなものがあります。

  • 将来の予測が困難で、変化の激しい社会の到来
  • 学校施設の老朽化
  • 学校を取り巻く課題の複雑化・多様化
  • 人生100年時代の到来
  • 将来の年少人口の急減

このような社会の変化が激しい世の中でも、自ら考えて行動し、目標に向かってたくましく生きることのできる力を育むことを目指しています。

町田市は子どものために。より育ちやすい教育の方針

では、町田市ではどのような方針で子どもたちの教育に取り組んでいるのでしょうか。

具体的な方針と取り組みをご紹介します。

学ぶ意欲を育て「生きる力」を伸ばす

グローバル時代に適した知識や思考力を身に着けるために、パソコン授業や英語教育の導入などを実施しています。

また地域文化への愛着を醸成することで、学ぶ意欲を育て「生きる力」を伸ばします。

充実した教育環境を整備する

学校を取り巻く課題は、時代と共に複雑化・多様化していきます。そうした課題に対応できるよう、充実した教育環境を整備しています。

特別支援学級や教室を整備するなど、一人ひとりと向き合って可能性を育ていく教育方針です。

家庭・地域の教育力を高める

町田市では、家庭・地域の教育力を高めるために「コミュニティスクール」という取り組みをスタートさせています。

コミュニティスクールとは、学校だけが教育を行うのではなく、保護者や地域の方も知恵を出し合って意見を反映させる制度です。

地域全体が協同しながら、子ども達の成長を支えます。

生涯にわたる学習を支援する

町田市では学校教育だけでなく、市民が生涯にわたって生き生きと学べるように、「生涯学習」の支援にも力を入れています。

学習の場を充実させ、いつでもどこでも自由に学べる環境をつくっています。

町田市の住居を考える方へ

子育てを促進する目標を掲げる町田市。

中学生になると、職場で働く課外活動も実施しています。若いうちから社会を学ぶことで、色々な可能性を見込むことができます。

子育てに力を入れたいなら、ぜひ町田市での住居を検討してみてください。

関連する記事を見る