REGARD

実は便利なばかりではない「駅チカに住む」ということ

家を建てる上では、内装や外装などはもちろん、立地も大切な要素ですよね。

利便性を考えると「なるべく駅の近くに住みたい!」と考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし実は、「駅チカに住む」ということは便利なばかりではないんです。

今回は、駅チカに住むことのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

憧れの土地へ。「駅チカに住む」メリットは盛り沢山

駅近くに住むことにはたくさんのメリットがあります。

まず一番のメリットは、交通の便が良いことです。

通勤・通学時間が短くなったり、友人知人を招きやすかったり、交通の便がもたらすメリットは多いです。

駅の周りには人が集まるので、商業施設やコンビニなどの生活に必要な施設も多く、わざわざ遠くまで買い物に行く必要はありません。

人通りが多く明るい道も多いため、夜道も比較的安心して歩けます。

年頃の女の子がいる家庭にとっては、大きなメリットですよね。

駅近くの土地は価値が下がりにくいので、比較的売却しやすいのもポイントです。

駅チカに住むデメリット?こんな点には要注意

良いことばかりなように思えますが、意外なデメリットもあるんです。

まず、多くの人が望む立地だからこそ、地価が高くなっています。

同じ予算で家を建てようとすると、駅から遠い場所に比べて敷地面積が狭くなります。

また、建物が密集しがちなため、陽当り・眺望が良くないケースが多いです。

現状でそこまで陽当りが悪くなくても、駅近くは開発が多いため入居後に環境が変化する可能性もあります。

人通りや電車・車の通行量が多い分、騒音が気になってしまうデメリットも。

陽当りや眺望の良い、ゆったりとしたお家で静かに暮らしたい方には不向きでしょう。

駅近の土地探しではこんな点に注意!

では、これらのデメリットを解消するためにはどのような点に気をつけたら良いのでしょうか。

まず、騒音が聞こえにくい距離の土地を選びましょう。

駅に近すぎるとうるさいので、繁華街と反対方向にある物件を選ぶのがポイントです。

周辺に空き地が多い物件は、避けた方が無難です。

空き地が多いと、ビルなどの開発予定がある可能性も高いです。

また、その土地だけで判断せず、生活するうえでの動線を考えましょう。

実際に行ってみたり、最寄り駅まで歩いてみたりして、自分が求める距離との兼ね合いを見ることで、実際の暮らしをイメージしやすくなります。

快適で過ごしやすい家づくりをサポート

今回は、駅チカに住むことのメリットとデメリットについて見ていきました。

駅の近くに住むということには様々なメリットがある反面、見過ごすことのできないデメリットもあります。

土地選びで悩んだときには、リガードにご相談ください。

家づくりのプロの目線から、土地選びに関する的確なアドバイスをいたします。

 

関連する記事を見る