REGARD

住む目線から東京を知ろう 瑞穂町編

東京都内、どこに家を建てる?

都内に家を建てることまではトントン拍子で決まっても、そこから先、東京都内、どの区市町村に家を建てるのかまではなかなか決めきれない場合は多いです。

土地選びで外せない条件の一つに予算がありますが、これは数値を見ればある程度わかります。

過去記事:東京の土地相場を知っておこう(23区編)

でも紹介しています。

しかし、土地選びの条件は予算だけではありません。

職場までのアクセス、子育てのしやすさなど、優先順位はお施主様それぞれです。

雰囲気が合っているかは実際に観にいくのが一番ですが、まずはどのような街なのか、家に居ながらにして少しでも情報があると嬉しいですよね。

これまで様々な都内のまちをご紹介してきました。

今回は瑞穂町編です。

瑞穂町から都心部へのアクセス

瑞穂町内に駅は1駅、箱根ヶ崎駅のみとなります。

JR八高線の駅で、都心部へ出るためには拝島で青梅線へ乗り換えが必要です。

青梅線は立川止まりの電車もあるため、その場合は立川で中央線への乗り換えが必要です。

中央特快に乗り換えた場合、東京まで約1時間15分、新宿までは1時間です。

瑞穂町の特徴

瑞穂町は東京都内でありながらも、昔ながらの自然が残る地域でもあります。

狭山丘陵や狭山池、残堀川などの自然、狭山 遺跡、阿豆佐味天神社などの文化財などは地元の誇りとも言えるでしょう。

さやま花多来里の郷やみずほエコパーク、狭山池公園など、家族で楽しめる公園も充実しているため、子育て世代も住みやすい街といえます。

都心部までのアクセスは決して良いとは言えませんが、都内にすみながらも自然に触れたいとお考えの方にはオススメの地域と言えます。

リガードでは、土地探しの段階からお施主様の家づくりをサポートしております。

まずはお気軽にご来店ください。