REGARD

不測の事態に備えた住宅購入

人生何があるかわからない

住宅は一生で一番大きな買い物と言われています。

また、家を買うと言うことは、家族が今後過ごす拠点を決めると言っても過言ではありません。

 

家を買うときはもちろん、そこに何十年と住まう覚悟で購入される方がほとんどかと思います。

しかし、長い人生では何が起こるかわかりません。

そこに住み続けるつもりで購入しても、その先の人生の分岐点において、もしかしたら移動を余儀なくされる可能性もゼロではありません。

 

もしものことがあり、住宅を売却や賃貸に出すことになったとしたら、少しでも住宅に価値が残っていれば高値での取引が期待できます。

 

ずっと住まうことを考えても、長期的に価値が下がりにくい家であることは、資産を維持することにもつながります。

では、住宅の価値を長期的に保つにはどうすれば良いのでしょうか?

 

家の価値を長期的に保つために

安全第一!

地震や台風、大雨など日本は災害の多い国です。

この地で暮らすためには、やはり防災は意識しておかなければなりません。

実際に、多くの方が住宅を購入する際に、防災を意識しているようです。

 

家族の安全のためにはもちろんのこと、家の長期的な資産価値のためにも防災を意識することは大切です。

地震に強い家を建てることはもちろん、水害などに合いにくいよう、土地選びも大切です。

 

関連記事:土地探しの際に意識したい水害対策と、見ておきたいハザードマップのこと

 

アクセスの良さ

家を資産としてみるなら、アクセスの良さも考慮する必要があります。

やはり駅が近い等、立地条件が良い場所では資産価値が下がりにくい傾向にあります。

また、学校や病院が近くにある、スーパー等の日用品の購入にも便利な場所であると尚良いです。

 

安心できるパートナーを

長期的な不動産の価値を考えていくには、たくさんの知識が大切です。

ある程度は自分で学んでいくことが大切ですが、やはり専門家のパートナーを持つことに勝るものはありません。

リガードでは、資産価値に関する質問や相談もお受けしておりますので、家を建てた後も良きパートナーとなることができると考えております。

 

まずはぜひ一度、リガードの家づくりセミナーにご来場ください。

 

関連する記事を見る