REGARD

居住地を決める手助けを!最新住宅ランキング(関東)

居住地を決めるのは難しい

住宅購入となると、賃貸のように気軽に引っ越しということはできなくなります。

そのため、住む場所選びはより慎重になります。

 

住んでから後悔しない住む場所選びにひと役買うのが、「住みたい街ランキング」です。

みんなが憧れる街は、みんなから愛される街=住み心地が良い街の可能性が高いと言えます。

 

住む場所選びの参考に、最新ランキングを見ていきましょう。

 

住みたい街ランキング

 

まずは住みたい街ランキング1-5位の発表です。

 

1位 横浜 

2位 恵比寿 

3位 吉祥寺 

4位 大宮 

5位 目黒

 

1位横浜、2位恵比寿、3位吉祥寺は、2018、2019年のランキングでも同じ順位で、その地位を守り続けています。

長い間ランキング上位を守り続けているということは、長くみなさんに愛されている街と言えるでしょう。

 

一方大宮は2018年の9位から2019年に4位へと急上昇、そして今回も4位を守っています。

新幹線停車駅でもあり、複数路線が通っていて利便性が高い大宮駅ですが、マルチアクセスの割に他の複数路線の通る駅に比べて家賃がお手頃なのが魅力的なようです。

 

5位の目黒は2018年8位、2019年7位と、徐々に順位を上げてきています。

目黒川沿いの桜も有名ですよね。

目黒の人気の要因としては、交通利便性の高さ、商業施設、娯楽施設の充実度、イメージ、資産価値の高さなど様々あるようです。

 

愛されている街ランキング

次は愛されている街ランキングです。

 

1位 片瀬江の島 

2位 馬車道 

3位 みなとみらい 

4位 代官山 

5位 千駄ヶ谷

 

住みたい街ランキングとは一つも街が被っていませんね。

これらの街が上位に来ている理由としてはヨガやワークショップなどのコミュニティが魅力的であること、街の景観が美しい、その街独自のカルチャーが魅力的などがあります。

 

以上、住みたい街と愛されている街ではランキングが大きく異なる結果となりました。

住みたい街ではイメージやアクセスの良さ、愛されている街ではコミュニティやその街独自のカルチャーなど、人気の理由が異なることがわかります。

 

このようなことから、住む場所を選ぶ際にはご自身が重要視していることを知ることが大切だということがわかります。

 

リガードでは、土地探しの段階から家づくりのサポートをしております。

まずは家づくりのあれこれを学べる、人気の家づくりセミナーにお気軽にご来場ください。

 

参考サイト:

https://suumo.jp/journal/2020/03/05/170902/?ranking=2

 

関連する記事を見る