REGARD

東京オリンピックで今後の地価はいったいどうなっていくの?

2020年の東京オリンピックの開催が決定し、日本中が歓喜に包まれました。東京オリンピックの影響で、今後の地価はいったいどうなっていくのでしょうか。ここでは、過去のオリンピック開催や現在の動向を分析して、今後の不動産への影響について解説したいと思います。

過去のオリンピック開催から見る今後の地価への影響

1960年代に最初の東京オリンピックが開催された時には、池田内閣の所得倍増計画の時期と重なり、東京の地価が高くなったという歴史があります。とはいえ、その後の札幌冬季オリンピックでは、地価の上昇率が全国平均を下回る結果となり、必ずしも地価が上昇しないことが分かりました。最近の北京オリンピックやロンドンオリンピックでは、不動産の価格が上昇して賃貸バブルが生じていましたから、東京オリンピックでも地価が上昇する可能性は十分にあると言えます。

東京オリンピック開催決定から現在までの地価の動き

東京オリンピック開催が決定してから、選手村や競技場が多く建設される湾岸エリアでは、マンション価格が上昇する動きを見せています。今後はオリンピック開催に向けてインフラ建設が進みますから、人手不足や人件費の高騰、不動産価格の上昇が見込まれています。また、飲食店や小売店のテナント用地が注目されているため、テナント用地を売却したい人には絶好のチャンスと言えます。海外の富裕層や投資家からも注目されており、東京の不動産の需要と価格の上昇が見込まれています。

東京オリンピック開催に合わせた不動産売買を考えよう

2020年の東京オリンピック開催に向けて、東京周辺の地価が上昇する可能性は大いにあります。この機会に不動産の売買について検討してみるのも、賢明な投資と言うことができます。とはいえ、地価が上昇するエリアやマンションに関する情報を把握するのは容易なことではありませんから、住宅のプロに相談してみることができます。リガードでなら、オリンピックに向けた地価の変動に関して、丁寧に相談に乗ってもらうことができます。

まとめ

2020年の東京オリンピック開催決定にともなって、湾岸エリアのマンションなど東京周辺の地価が上昇しつつあります。過去のオリンピックが不動産に与えた影響や、現在までの地価の動向などを参考に、不動産への投資を検討してみることができるでしょう。

関連する記事を見る