REGARD

事前に知っておきたい、「建築条件付土地」を購入するときの注意点

住宅の広告を見ていると、「建築条件付土地」という言葉を目にすることがあります。建築条件付土地を購入する時には、事前に条件やメリットなどを理解しておく必要があります。ここでは、建築条件付土地に関して、事前に知っておくべき注意点について解説したいと思います。

「建築条件付土地」の購入で起きやすいトラブルとは

「建築条件付土地」とは、指定された建築業者との間で、建築工事請負契約をすることが条件となっている土地のことです。建築条件付土地にはメリットがある一方で、契約に際してトラブルが発生することも多くあります。建築条件付土地では、売買契約をしてから一定期間内に、建築工事請負契約をする必要があります。そのため、建築工事請負契約が成立しない場合に、売買契約も解除されてしまうことがあり、トラブルが発生することがあるのです。

「建築条件付土地」を購入する時に気を付けたい注意点

「建築条件付土地」では、売買契約から建築工事請負契約まで、一定の期間が設けられているのが条件となっています。そのため、契約を締結してから一定期間内に、建てる予定の家に関して具体的な打ち合わせをする必要があります。建築条件付土地の場合には、建てられる家に条件が定められていることがありますから、住宅に要望や理想がある場合には、事前に確認しておく必要があります。これらの条件に注意していれば、スピーディーに計画を進めることができます。

「建築条件付土地」を購入する時には専門家へ相談

「建築条件付土地」を購入する際には、不動産業者の違法な行為の被害にあったり、契約内容に関してトラブルが起こったりすることもありますが、実際には多くのメリットもあります。建築条件付土地を購入することで、全体像を把握して資金計画が立てやすくなり、建築までの段取りをスムーズに進めることもできるのです。「建築条件付土地」の購入で不安に感じたら、専門家に相談してみると良いでしょう。リガードなら、土地の購入に関してトラブルに巻き込まれないようきちんと相談に乗ってくれるので安心です。

まとめ

「建築条件付土地」に関して、事前に正しい知識をもってチェックしておけば、トラブルを避けることができます。建築条件付土地のメリットも理解しておくことで、スムーズに計画を進めることができるでしょう。

関連する記事を見る