REGARD

あなたの土地は大丈夫?ハザードマップで自然災害のリスクを把握しよう。

毎年のように、集中豪雨による土砂崩れや地震などの自然災害によって、住宅や土地が大きな被害にあっています。購入する土地や住宅が、いつ自然災害の犠牲になるか分かりませんから、事前にリスクを把握しておく必要があります。ここでは、自然災害のリスクを把握するための、ハザードマップについてご紹介したいと思います。

ハザードマップで自然災害のリスクを把握しよう

各地方自治体では、自然災害のリスクを調べることができる、ハザードマップが準備されています。ハザードマップとは、自然災害による被害を予測して、その範囲が地図上に表示されている地図のことです。ハザードマップには、地震・津波・土砂災害・洪水・内水・噴火などの自然災害の情報が提供されています。ハザードマップの情報は地方自治体によって大きく異なりますから、地方自治体のホームページで確認してみましょう。自分の家族や住宅を守るためにも、早い段階からリスクを把握することが大切でしょう。
 

住宅を購入する前にはハザードマップで確認しよう

住宅を購入するときに、不動産屋さんが自然災害のリスクがあるから買わないほうがいいと教えてくれるはずがありません。マイホームを建てる場合には、自分自身でハザードマップを確認して、リスクを把握する必要があります。とはいえ、ハザードマップの情報が絶対に正確であるというわけでもありません。自然災害が予測の範囲を超えて、大きな被害が発生する可能性もありますから、自分で環境を確認したり、過去に自然災害が起きた経験がないかなどを調べるようにしましょう。

自然災害のリスクについて迷ったら専門家に相談してみよう

土地や建物を購入する際には、交通の便や住宅の環境だけでなく、将来的に自然災害が起こる可能性がないかどうかもしっかりと確認する必要があります。ハザードマップを活用することで、そのエリアにどのような自然災害が予想されるかを知ることができるでしょう。自然災害のリスクでアドバイスが必要なら、住宅の専門家に相談してみることができます。リガードなら自然災害のリスクについて、親身になって相談に乗ってもらえます。

まとめ

住宅を購入する際には、ハザードマップを活用して、自然災害が起こるリスクがないかどうかを調べるようにしましょう。自然災害はいつ起こるか分かりませんから、できるだけ早い段階で注意しておくことで、家族と住宅を守ることができるでしょう。

関連する記事を見る