REGARD

土地の液状化はなぜ起きるのか。事前に打ちたい対策ヒント集

住宅を建てた土地で起こる液状化という現象について、聞かれたことがおありでしょうか。この液状化現象は、あなたが住んでいる土地でも起こる可能性があるのです。ここでは、土地の液状化とはどのような現象なのか、土地の液状化を防ぐために事前にどのような対策を打つことができるのか、知っておきたいヒント集をまとめてみました。

土地の液状化とはいったいどんな現象なの?

土地の液状化とは、住宅を建てる際に基礎となる地盤が、液体状になってしまう現象のことを言います。一般的には、同じ成分や大きさの砂でできた地盤が地下水で満たされて、土壌が水に浮いたような状態になって起こります。地震などの自然災害が発生すると、地盤が繰り返し強い振動を受けて液状化し、建物が傾斜したり地盤沈下したりするのです。基礎が浅い建物や建物重量が軽い建物の地盤が液状化すると、被害が大きくなる可能性があります。

土地が液状化する前に打ちたい対策のヒント

土地が液状化して家が住めなくなってしまう前に、しっかりと対策を講じるようにしましょう。まずは、土地を購入して住宅を建てる前に、液状化について詳しい地盤調査が行われているかを確認することが大切です。液状化する可能性があると分かったら、地盤改良工事を行なったり、地層を砕石などの資材に差し替えたりすることで、被害を最小限に抑えることができます。住宅を建てる前であればベタ基礎にすることで、建物の荷重が地盤に分散して沈下を防ぐことができます。

土地の液状化の対策について専門家に相談してみよう

土地を購入して家を建てる前に、液状化についての地盤調査がなされていることを確認しましょう。すでに土地を購入していてもベタ基礎工法で建てられますし、家を建てた後でも砕石を入れるなどの方法で、液状化の被害を最小限に抑えることができます。土地の液状化対策には専門的な知識が必要ですから、住まいのプロに相談するのが賢明な方法と言えます。リガードでは、土地の液状化対策について的確なアドバイスがもらえますから、相談してみるのもよいかもしれません。

まとめ

土地の液状化現象が起きてしまうと、生活に大きな支障が出てしまいますし、住宅を修復するにも費用や時間がかかってしまいます。土地を購入して住宅を建てる前に、しっかりと地盤調査を行い、事前に液状化対策を講じるようにしましょう。

関連する記事を見る