REGARD

山手線の新駅が出来る予定の泉岳寺エリア。地価はどうなる?

2020年の東京オリンピックに向け、山手線の新駅誕生で大きな変化が期待されているのが、泉岳寺エリアです。泉岳寺エリアでは大規模な開発や建設が予定されており、今後の地価がどうなるかが注目されています。ここでは、山手線の新駅が出来る泉岳寺エリアとはどんな場所か、今後の地価はどうなるかについて、分かりやすく解説したいと思います。

山手線の新駅が出来る予定の泉岳寺エリアってどんな場所?

泉岳寺エリアは、東京の品川から田町の間で、都営浅草線や京急線からも300メートルと利便性に富んだ地域です。今回、山手線の新駅が誕生するのに伴い、泉岳寺エリア全体では開発や建設などの変化が期待されています。泉岳寺エリアは、赤穂浪士の墓で有名な泉岳寺などの寺社が多く集まり、外国人観光客もよく訪れる地域です。住宅街には古くからの一戸建てや豪邸、マンションやアパートが並んでいる地域で、今後の地価に注目が集まっています。

新駅が出来る泉岳寺エリアの今後の地価はどうなる?

山手線の新駅である泉岳寺駅周辺の約13haの地域に、商業施設やオフィスなど8棟のタワーやマンションなどの建設が計画されており、今後は10万人規模の人口になると見込まれています。そのため、泉岳寺駅周辺の新しいマンションの価格は、約7000万円から8000万円以上となり、70平米以上になると億ションとなることが予想されます。賃貸マンションの場合には、ワンルームで家賃10万円以上、2DKで15万円から20万円ほどの家賃となることが想定されます。

泉岳寺エリアのことなら住まいの専門家に相談してみよう

山手線の新駅から、都営浅草線や京急線までの300メートルを連絡通路でつなぐと、さらに利便性が高くなるでしょう。山手線の新駅誕生に伴い、駅周辺には商業施設やマンションも建設され、地価や家賃が上昇してくることが予想されています。山手線の泉岳寺エリアの地価について関心がありましたら、住まいの専門家に話を聞くことをオススメします。リガードでは、泉岳寺エリアの地価や家賃について、様々な視点から相談に乗ってくれますよ。

まとめ

2020年の東京オリンピックに向けて、山手線の泉岳寺エリアの地価が上がってくることが想定されています。昔ながらの伝統を守りつつ、外国人観光客にも愛される街へと開発される泉岳寺エリアから、今後も目が離せません。

関連する記事を見る