REGARD

絶対に避けたい、土壌汚染を受けた土地。購入前に調べる簡単な方法があります

土地や建物を購入する際に絶対避けたいのが、土壌汚染を受けた土地です。購入してからでは遅いので、土地を購入する前に、土壌汚染の影響を受けていないかを確認しておく必要があります。ここでは、絶対に避けたい土壌汚染を受けた土地について、購入する前に調べる簡単な方法について、分かりやすく解説したいと思います。

買おうとしている土地が土壌汚染されていることがある

土地を購入する際には、周辺の環境や交通の便などを考慮しますが、中には土壌汚染の影響を受けている土地があるのです。買おうとしている土地が過去に工場用地だったりすると、土壌汚染の影響を受けている可能性があるのです。土壌汚染を受けた土地を購入して住宅を建ててしまうと、生活を始めてから健康などに大きな影響を及ぼすことがあります。こうした問題を避けるためにも、土地を購入する前に、過去の履歴や状況について調べておく必要があります。

土壌汚染された土地について登記所で簡単に調べられます

過去の工場用地や土壌汚染を受けた土地については、登記所で簡単に調べることができます。登記所は、全国の法務局や地方法務局などにおかれており、土地や建物に関する不動産登記の記録が公開されています。不動産登記は、土地と建物の状況と所有者を公示する制度で、法務局の職員により専門的な観点から管理されています。不動産登記を見ることで、土地の過去の履歴や問題点、土壌汚染された土地でないかどうかについて、簡単に調べることができます。

土壌汚染を受けた土地について住宅の専門家に聞くのも手です

土壌汚染された土地を購入してからでは遅いですので、十分に前もって土地の過去の履歴について確認する必要があります。土地の土壌汚染や過去の履歴に関しては、登記所の不動産登記により簡単に調べることができますから、必ず調査するようにしましょう。とはいえ土地の状況については専門的な知識も必要ですから、住宅の専門家に聞いてみることも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

購入する予定の土地は、過去に土壌汚染されていたり、工場用地であった可能性があります。登記所の不動産登記で土地の履歴について簡単に調べることができますから、必ず前もって調査するようにしましょう。土壌汚染を受けた土地を避けて、快適に暮らせる家づくりを心がけましょう。

関連する記事を見る