REGARD

傾斜地にみられる切土と盛土(盛り土)とは

土地探しで見落としたくないこと

土地探しをする時に気をつける点は、治安、利便性、お子様がいらっしゃる場合は学区など様々な要素があります。
しかし、これらと同じくらい重要な点として、少し専門的なものにはなりますが、地盤に関することが挙げられます。
地盤に関して注意すべき点はいくつかありますが、今回は「切土」「盛土(盛り土)」について詳しくご紹介します。
正しく理解をして、土地探しの際に見落としがないようにしましょう。

「切土」と「盛土(盛り土)」の知っておきたいこと

日本の国土は山間部が多く、そのような山間部は傾斜地が多いためそのままだと住宅地として利用することができません。
そこで、傾斜地を造成し、宅地として利用できるように加工して住宅地として利用してきました。このようにしてできた土地を造成地と呼びます。造成地は、斜面の土を切り出したり(切土)、盛り足したり(盛土)して、宅地として利用できるように平坦に造成しています。

切土は元々あった土地を切り出すため、地盤の硬さへの影響は少ないと言われていますが、盛土は後から土を足して盛り上げるものなので、締め固めが不十分な場合は強度に不安が残る場合があります。

また、盛土の場合は斜面を切り崩した土地だけでなく、谷を埋めるように造成した土地にも見られます。盛土と認識しづらいことに加え、埋め立てる前の土地が水田や湿地など水分が多い土地だった場合、強度が不十分な場合が多いので注意する必要があります。
このような土地はご自身で調べて判断することは極めて難しいので、対象地の情報を不動産屋や施工業者などから得るようにしましょう。

土地探しだけを先に進めるのはよくない?

切戸・盛土によって地盤リスクがある場合、地盤改良を行うことがあります。

・地盤改良の具体的な方法 表層改良・柱状改良・鋼管杭工法どれを選ぶ?

数十万円から数百万円の大きなコストがかかりますので、
適切な地盤改良の方法を選べる地盤業者、そのような業者を紹介できる施工会社を選ぶようにしましょう。

また、家づくりの資金計画は土地と建物、トータルで考えることが大切です。
土地に大きく予算をかけると、建築物にかける予算を削ることになります。
建築物の予算をあらかじめ把握しておくためにも土地探しと施工会社探しはなるべく並行して進めてみてください。
リガードは特に西東京エリアの施工実績が豊富です。
土地探しの段階の施主様は是非リガードにご相談ください。

・お問い合わせ

CATEGORY

地震と地盤,

関連する記事を見る