REGARD

土地選びでは車の出し入れのしやすさも考えよう

車があるなら考えたい、車の出し入れのしやすさ

 

車を今既に持っていたり、これから持つ予定がある場合、家の敷地内に駐車場を作ることになります。

近くの月極駐車場を借りる方法もありますが、利便性や将来のことを考えると、できれば敷地内に駐車場を確保しておきたいところです。

 

しかし、駐車場を作るとなると、それを踏まえた上で土地選びをする必要があります。

今回は、車を持っている場合に注意しなければならない土地選びのポイントをご紹介します。


車持ちの土地選びのポイント

駐車場から車の出し入れのしやすさ

 

通勤や習い事の送迎等、毎日車を利用する人は多いですよね。

毎日車の出し入れがあるのに、出し入れしにくいと日々の生活にストレスを感じてしまいます。

駐車場を作る予定の場所の近くに電柱があったり、外壁があったりすると出し入れしにくいだけでなく、大事な車をこすってしまうリスクもあります。

車の台数・大きさ

 

一口に駐車場といっても、必要な大きさは車のサイズ、台数によって異なります。

今は軽自動車に乗っていて、子供が増えたらミニバンに乗り換えるという場合、今の車のサイズに合わせて駐車場を作ってしまうとミニバンが駐車できない可能性があります。

車の台数も増える可能性がある場合は、それも考慮して駐車場を設計しなければなりません。

今乗っている車だけでなく、将来のライフスタイルの変化に合わせて考える必要があります。

家とつながる道路の運転のしやすさ

 

家の目の前の道路の道幅が狭かったり、一方通行の道路だったりする場合は家への出入りが大変です。

また、車の往来が激しい道路の場合も駐車がなかなか難しかったり、家からなかなか車を出せなかったりします。

渋滞が日常的な道路も家を出てすぐ渋滞でストレスが溜まってしまいます。

土地選びの際に、家の周りの道路状況はしっかりと確認しておきましょう。



家づくりは土地選びから

 

土地選びは生活の基盤となる場所を決めることです。

今後何十年住む家の住みやすさを決める大切なことでもあります。

リガードでは土地選びの段階から家づくりをサポートしております。

関連する記事を見る