REGARD

バイクの置き場所はどうすればいい?愛車をキレイに保管するために

バイクの定位置、決まっていますか?

 

集合住宅の場合、バイクは駐輪場に止めるように定められている場合も多く、ほとんどの場合は駐輪場に止めることになるでしょう。

しかし、一軒家ではどうでしょうか?

バイクの置き場所が定まっていない方も多いのではないでしょうか?

 

自宅にバイクの置き場所がなく、また雨風を防いだり、防犯の観点から専用の車庫やガレージを借りて保管する方もいらっしゃいます。

ですが、せっかくマイホームを建てるのであれば愛車を自宅で保管できるスペースを確保したいですよね。

 

自宅でバイクを安全に保管するには、どのような方法があるのでしょうか?

自宅でバイクを保管する方法

 

ガレージに収納

 

ガレージは車やバイクが好きな方なら憧れる場所です。

一番理想的な方法と言えますが、問題はコスト面です。

コスト面から実現するのはなかなか難しい場合が多いですが、住居の1階部分を駐車場にするような間取りの場合は、車の横にバイクを停めるスペースを確保すれば良いだけなので、一気に現実味が帯びてきます。

 

駐輪場を設置する

 

家族の自転車もあれば、自転車と一緒に駐輪スペースを確保する方法もあります。

屋根をつければ雨もしのぐことができます。

しかし、自転車を利用する家族がおらず、バイクだけのための駐輪場となると家族の理解が得難い場合もあります。

また、外から丸見えになるので防犯面でも不安な点は拭えません。

カバーをかけると雨風を防ぎ、防犯効果もあるので安心です。

 

駐車場の一角を借りる

 

現実的であり、よく見かけるのが駐車場の空いているスペースにバイクを停める方法です。

駐車場が車の幅ギリギリでもない限り、家族に反対されることも少ない方法です。

 

しかし、駐車場に屋根がない場合は雨ざらしになってしまうので、カバーは必須です。

カバーは雨風を防ぐだけでなく、防犯面でも大切です。

 

簡易バイクガレージを置く

 

簡易バイクガレージは、バイク専用のガレージ。

場所も取らずコストも抑えることができます。

雨風を防ぐことができ、防犯面でも安心です。

しかし、せっかく導入してもバイクや置くスペースのサイズが合わなければ意味がありません。

導入する場合にはしっかりとサイズ確認することが大切です。

 

バイクを大事に乗り続けるために

 

せっかくのバイク、長く乗れるように保管方法にも気を使いましょう。

リガードでは、ライフスタイルに合わせた家づくりを行なっております

ぜひお気軽にご相談ください。

CATEGORY

駐車場,