REGARD

大切な車のために「雨除け」はやはり必要?

車にも「雨除け」はやはり必要?

夢のマイカー購入。

しかし、車の購入と同時に検討したい「車庫」や「ガレージ」の設置。

というのも、車をそのまま無防備に保管してしまっては、雨風や雪、暑さやUV、鳥のふんやその他落下物、そして悪戯などの様々な問題に晒されることになります。

よって大切な愛車を長く使うためにもこうした被害を未然に防ぐためにも対策は必要です。

今回は、そんな中でも「雨」による被害についてのお話です。

「雨除け」する方法は?

車に「雨除け」が必要な理由として、雨に含まれる不純物が残って白く汚れがついてしまう(通称イオンデポジット)ことや、酸性物質による劣化の問題が挙げられるからです。

イオンデポジットはそのまま放置して悪化させると、塗装面に穴が開いてしまったりと、その影響は侮れないので、「ドアバイザー」に加えて、しっかりとした対策が必要です。

では、雨除けとしてどのような方法が有効なのでしょうか。

ガレージを設置する

まずは、やはりガレージを設置することです。

ガレージは、四方を囲むことができるので、暴風雨にも対応できます。

また、雨除けだけではなく、防犯面でも高い効果を発揮してくれるので、おすすめの方法です。

デメリットとしては、スペースを多くとってしまう点や、遮熱対策の必要性があること、そして比較的コストが高い点が挙げられます。

カーポートを設置する

ガレージほどお金をかけたくない、という方におすすめなのがカーポートの設置です。

スペースもあまりとらないので、都内でマイカーを所持する場合、検討される方も多いのではないでしょうか。

しかし、カーポートは将来的に車を買い換えることなどを考えると、将来のことも含めて屋根の大きさを考慮する必要もある点や、防犯性が低い点は注意が必要でしょう。

住宅づくりでお悩みなら

今回は、車庫の雨除けについてのお話でした。

リガードでは、人生でなかなかない大きな買い物「マイホーム」の購入で後悔して欲しくない!という思いから、無料で参加できる「マイホームセミナー」を定期的に開催しております。

住宅の土地選びから、内装、デザイン性や機能性、そして今回ご紹介した車の保管場所についてなど、様々なご相談を承っておりますので、ご興味のある方やお悩みのある方は是非一度ご参加ください。

CATEGORY

駐車場,

関連する記事を見る