REGARD

スマートスピーカーを活用したインテリア・間取り等のアイディア

今後より身近になっていくスマートスピーカー

2018年頃から一気に身近になりつつあるスマートスピーカー。
AmazonやGoogle、LINEなどのIT企業から多く発売され、それぞれが特色のある機能を備えており、その機能は日々進化し続けています。

スピーカー本体もどんどん新しいものが登場してきており、スピーカーと言いつつ映像コンテンツも楽しめる画面付きのタイプもあります。

今後もスマートスピーカーの機能はますます増えてより便利になっていくことでしょう。
数年後には家庭に1台が当たり前になっているかもしれません。
部屋に当たり前のようにスマートスピーカーがあるとなると、機能はもちろんデザインも気になるところですよね。
現在発売されているスマートスピーカーは、スタイリッシュで洗練されたデザインのものが多いです。

元々様々なインテリアになじむデザインではありますが、スピーカーがインテリアにスッキリ溶け込んでいるとリビングもより一層オシャレになるのではないでしょうか?

今回はスマートスピーカーをインテリアの側面で見ていきたいと思います。

スマートスピーカーを取り入れたスタイリッシュなインテリア

2019年1月現在よく見かけるスマートスピーカーは、GoogleのGoogle Home、AmazonのAmazonecho、LINEのCLOVAです。
さらにAppleからも今後発売予定ということで、今後が楽しみですよね。

それぞれのスピーカーに合うインテリア例をご紹介します。

Google Home

ホワイトを基調としたスタイリッシュなデザインのGoogle Homeは、どのような部屋にも合わせやすいです。
インテリアもホワイトで統一するとよりインテリアに溶け込むでしょう。
観葉植物や木製の家具などボタニカルなアイテムとも相性が良いですよ。

Amazon Echo

筒型のスピーカータイプから、コロンとしたフォルムが可愛らしいSPOT、SPOTよりも画面が大きく見やすいECHO SHOWなど、ラインナップが豊富なAmazonのスマートスピーカー。
ブラックやグレー系のカラー展開なので、ブルックリンスタイルや男前インテリアと相性が良いでしょう。
スチールラックなど、金属製の家具ともよく合います。

LINEのCLOVA

童話の朗読や百科事典など、お子様にも嬉しい機能が備わっているLINEのスマートスピーカー。キャラクターが可愛らしいこのスマートスピーカーは子供部屋にも喜ばれるでしょう。

このようにスマートスピーカーを選ぶ際には機能面ももちろん大切ですが、インテリアにあったものを選ぶのも良いでしょう。

未来の生活に対応できる家づくり

スマートスピーカーでできることは今後どんどん増えていきます。
対応家電も増えてくるので、そう遠くない未来には一家に一台が当たり前になることでしょう。
注文住宅であれば、スマートスピーカー対応家電で揃えたり、スマートスピーカーと家電を連携させることを前提とした配線などの設備を整えることが可能です。

スマートスピーカーと対応のスマート家電、一気に揃えることでより便利な暮らしが実感できるでしょう。

関連する記事を見る