REGARD

家づくりの前に考えること。将来を見据えた計画を立てよう。

家づくり前、何を注力して考えるべきか
プロの目線からお伝えします。

変化するライフスタイル

一度家を建てるとそこに何十年と住むことになります。
長い年月をその家で過ごすことになるわけですから、家を建てた際には想定していなかったライフスタイルの変化が訪れる可能性もあります。

注文住宅の場合、お施主様ご家族のライフスタイルに合わせたプランニングをしているため、考えていなかったライフスタイルの変化が起きた時、途端に使い勝手の悪い家になってしまう可能性もあるのです。

そんな事態を防ぐためには、ある程度将来のライフスタイルの変化を見据えたプランニングが大切です。

今は予定がなかったとしても、将来子供ができる可能性であったり、老後の生活であったりと、少し想像力を働かせて未来の生活の変化を考えておく必要があります。

将来の収支予測

ローンを組む際には、安定した収入があると見込まれて審査が通るわけではありますが、不測の事態が生じてしまう可能性もあります。
親の介護、事故に遭ってしまうなどで今まで通りに働くことが困難になってしまうかもしれません。

また、子供の教育費はバカになりません。
塾に通ったり、習い事を習わせたり、私立に通うと効率よりもお金がかかりますし、大学になると下宿をするかもしれません。もしかしたら海外留学を希望するかもしれませんね。
子供が学びたいという意欲は尊重してあげたいですが、進路によっては奨学金でまかないきれない場合もあります。

もしもの事態に備えて、ローンの返済でギリギリの家計にならないように、余裕を持った返済計画を立てておく必要があります。

予測不可能なことはおこる心の準備を

あまり深刻に考えすぎるとかえって何もできなくなってしまうかもしれません。
大切なのは、もしもの状況に陥った時でも、家族みんなで協力して乗り切る覚悟ではないでしょうか?

刻々と変化していく家族の有様、家族の歴史を楽しんでいくような心の余裕も必要かもしれません。

将来の不安はプロと相談することで解決

家づくりという人生の一大イベントには不安がつきものです。
家づくりに悩んだ際には、ぜひリガードの家づくりセミナーにご参加ください。
家づくりに関わる様々なことが勉強できるとご好評をいただいております。

誰も教えてくれないマイホームの基本セミナー

関連する記事を見る