REGARD

家づくりで考えたい。ウォークインクローゼットを寝室に置くメリットを解説

ウォークインクローゼットをどこに設置しようか迷っている方に向けて、寝室に置くことを解説します。

大容量収納の代表とも言えるのが「ウォークインクローゼット」。
沢山の衣類を収納できるだけでなく、季節のものなの普段はあまり使用しないものも収納することができるので、最近はウォークインクローゼットを導入する方が増えています。

ウォークインクローゼットは広いスペースが必要になるので、一つの家に複数導入する方は少ないです。
設置場所が一箇所となると悩むのが、ウォークインクローゼットをどの部屋に導入するかということです。

今回の記事でオススメする場所は、ズバリ寝室です。
寝室にウォークインクローゼットを設置すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット1:ウォークインクローゼット内で着替えることが可能

忙しい朝の時間、できるだけ朝の準備は時短したいものです。
もし寝室にウォークインクローゼットを設置すれば、クローゼット内で洋服を選んでその場ですぐに着替えることが可能です。
行ったり来たりする手間が省けるので、結構な時短になります。

メリット2:衣類以外も収納できる

寝室は結構物が溢れやすい場所でもあります。
季節ものの布団乾燥機や暖房器具類、扇風機などは使わない季節の置き場所に困ってしまいますよね。

これらを物置にしまい込むと出し入れも大変です。

しかし、ウォークインクローゼットなら出し入れする際にもラクラクです。

また、アイロンや裁縫箱なども一緒にしまっておけば、衣類に関することもクローゼット内で完結できます。

メリット3:衣類の整理整頓がしやすく衣替えしなくても良い

タンスの場合、季節ごとに衣類を変える「衣替え」が必要です。
しかし、ウォークインクローゼットなら衣替えの必要はありません。
その季節の衣類は取り出しやすい場所にハンガーにかけ、使用しないものは奥の届きにくい場所に移動するだけです。

家づくりは設置など細かい部分からプロに相談しよう

家づくりでは、間取りなどの大まかな部分だけでなく、収納の場所やスペースなど、比較的細かな部分までプロにしっかりと相談することが大切です。

また、ご自身で家づくりに関する知識を持つこともとても大切です。
そうすることで、営業マンの言いなりの家づくりにならずに済むからです。

そのため、リガードでは随時家づくりに関するセミナーを開催しております。
まずはお気軽にご参加ください。

関連する記事を見る