REGARD

意外とスペースを取る!?パソコンデスクを置ける間取り

仕事にプライベートに、今や生活必需品となりつつあるパソコン。

「一家に一台」と言っても過言ではないですよね。

デスクトップパソコンを快適に使おうと思うと、パソコンデスクが必要になります。

今回は、パソコンデスクを置ける間取りについて考えていきたいと思います。

パソコンデスクを置くなら家づくりの段階でしっかり考えよう!

パソコンデスクは思っている以上にスペースを取るものです。

「どこにでも置けるでしょ」と安易に考えていると、後で後悔することになるかもしれません。

デスクトップパソコンはノートパソコンと違い、基本的に常にコンセントに繋いでおく必要があります。

そのため、パソコンデスクの置き場所はコンセント周りに限られます。

さらにモニターやプリンターなどの周辺機器がある場合、それだけのコンセント数が必要です。

消費電力や安定化を考えると、たこ足回線では不十分な可能性が高いので、ある程度コンセント数を確保しておいた方が安心です。

加えて、パソコンの多くが無線LAN非対応で、有線LAN環境を必要としています。

ルーターの近くにパソコンを置くためには、壁内LANなど様々な方法でLANケーブルを引っ張ってくる必要があります。

置ける環境に制約がある分、家づくりの段階で考える必要があるのです。

パソコンデスクの理想の置き場ってどこ?間取りはどれくらい必要?

では、パソコンデスクの理想的な置き場と、それに必要な間取りはどれくらいなのでしょうか。

家族共用のパソコンとしてみんなで使用する場合は、ダイニングスペースにパソコンデスクのためのスペースを確保しておくのがおすすめです。

ダイニングは、デットスペースになりやすい場所でもあります。

スペースを有効活用しつつ、家族の憩いの場にもなるでしょう。

パソコンは高性能なものになると、ファンの数も増え動作音が気になる可能性があります。

作業に集中できる環境にしたいなら、思い切って専用部屋、作業部屋などを用意するのもひとつの手です。

あなたの過ごしやすい環境を実現した家づくり

今回は、パソコンデスクを置ける間取りについてご紹介しました。

パソコンを使う頻度が高い方こそ、家づくりの段階からパソコンを使う環境をイメージしておくことが大切です。

パソコンデスクを置ける間取りをあらかじめ考えておけば、快適にパソコンを使える環境をつくれるでしょう。

リガードは注文住宅を専門としたハウスメーカーです。

施主様の希望に合わせて柔軟な施工が行えるので、「集中できる作業部屋がほしい」「家族みんなで使えるパソコンデスクの置き場」など何でもご相談ください。

関連する記事を見る