REGARD

庭でゴルフを極めよう(パット編1)

庭でゴルフって最高

家を建てる際に、ゴルフが練習できる庭にしたいという方は多いと思います。

特にパットなどはコースの時だけの練習では簡単に上達しませんし、パット練習のために時間を作るということも難しいですよね。

そこでおすすめなのが、庭でパット練習をするという選択肢です。

今回は、パターマットよりも庭の方が良い理由と、庭でパット練習をするメリットをご紹介します。

パターマットがダメな理由

パット練習が自宅で気軽にできるパターマット。

「わざわざ庭でやらなくても、パターマットで十分なのでは…?」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、庭でパット練習できるならその方がベストです。

パターマットだとダメな理由は、一言でいうと「実際のグリーンと環境が異なる」からです。

現在様々なパターマットが出ていますが、どんなに性能がいいものでもやはり本物のグリーンとは違います。

また、室内では確保できるスペースも限られてしまいます。

よりリアリティに練習するために、庭でゴルフが良いのです。

庭でパット練習をするメリット

庭でパット練習をする1番大きなメリットは、やはり時間です。

仕事が忙しいとパット練習のためだけに時間を確保するのは大変です。

休日に時間が手に入ったら、パター練習場よりも打ちっぱなしやコースを回りたいという方が多いでしょう。

庭にパット練習できるスペースがあれば、ちょっとしたスキマ時間を活用して練習できます。

また、よりリアルな状態で練習ができることも大きなメリットです。

パターマットだと、本物の芝とは大きく環境が異なります。

リアルに近い環境で練習した方が、実践で使える技術が身につきます。

趣味を思う存分楽しめる家づくり

今回は、庭でゴルフを楽しみたい方に向けて、パット練習のポイントをご紹介しました。

庭にゴルフ場を作るには、スペースや日当たり、土壌なども計算しなければいけません。

そのため、家を建てる前に検討するのが良いでしょう。

リガードでは自宅で趣味を楽しみたいあなたにとって、理想を叶える家作りのお手伝いをいたします。

「こんな家にしたい!」という希望があれば、是非1度無料セミナーに参加してはいかがでしょうか。

関連する記事を見る