REGARD

新しい生活の形、デュアルライフ!

都会と田舎どっちがいい

都会と田舎、どちらに住むのかは現代人にとって永遠の課題とも言えるかもしれません。

仕事のことを考えると、都会の方が交通の便が良いですし、転職をするにしても選ぶ幅が広がります。
しかし、プライベートのことを考えると、田舎で自然に囲まれてゆっくりと暮らしたい、サーフィンやスノーボードなどの趣味ができる場所で暮らしたい、と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば、平日は都会で仕事をして、休日は田舎に帰って田舎を満喫する、このような理想の形とも言える生活を叶えることができるのが、デュアルライフというライフスタイルです。

デュアルライフとは

デュアルライフのデュアルとは、「二重の、二通りの」という意味があります。
つまり、デュアルライフは直訳すると、二重生活、二通りの生活という事になります。
少しわかりにくいので整理をすると、都心と田舎、二つの拠点を持つ生活=デュアルライフ(二拠点生活)です。

生活拠点を二つ持つとなると、二つの住まいが必要になります。
そのため、少し前までは別荘を買える富裕層や、時間に余裕のあるシニア層のイメージが強かったのですが、最近では20〜30代の若い世代、世帯年収も800万円未満の方が増えているようです。

格安の物件をリノベーションしたり、シェアハウスを利用したり、簡易宿泊施設を利用したりと、様々な工夫をしてデュアルライフを満喫しているようです。
物件を維持するコストも、使わない間は民泊として貸し出す等工夫次第で賄うことも可能な現代だからこそ、若い方にもデュアルライフが浸透してきているのかもしれませんね。

デュアルライフの6つの目的

デュアルライフを満喫している方は、大まかに以下のように分類されます。

趣味満喫デュアラー

サーフィン、農業、スキーなど趣味のために通うエリアに拠点を持ったタイプです。

自然癒されデュアラー

都会の喧騒を離れ、自然の中でのんびりと過ごしたいタイプです。

ふるさとデュアラー

自分や配偶者の故郷を大切にしたかったり、都会育ちでふるさとのような温かな田舎に憧れるタイプです。
地元の方々との交流も盛んな場合が多いです。

プレ移住デュアラー

田舎移住願望があるけれど、まずはお試しで週末だけなど田舎生活に馴染めるかお試し期間中です。

のびのび子育てデュアラー

お子さんに自然に触れ合ってもらいたい、農業など様々な体験をさせたいと考えているタイプです。

地域貢献デュアラー

今までの経験、スキルを活かして地方創生や、地元の活性化に貢献したいと考えるタイプです。

上記のような生活に憧れる、やってみたい思う方はもしかしたらピッタリのライフスタイルかも知れません。

リガードでも、お施主様のライフスタイルに沿った家づくりをご提案しております。
「都会の暮らし」の拠点となる家づくりは、ぜひリガードにお任せください。

関連する記事を見る