REGARD

家で仕事できないとは言わせない。これが理想のテレワーク部屋

コロナの影響で、テレワークが一気に世に浸透し始めました。

しかしいつもと違う環境で仕事をするのは難しいもの。「家だとなかなか集中できない…」という方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたへ朗報です。環境さえ整えば、家でもいつも以上に作業効率をアップできます。

今回は、テレワークが捗る理想の部屋づくりを紹介します。

仕事空間と生活空間を分ける

家だと集中できない大きな原因は、気が散る要素が多いことです。

読みかけの本やフカフカのベット、テレビなど……仕事に関係のないものが目に入ると、集中が妨げられてしまいます。

余計なものを視界に入れず仕事に集中するためには、できれば仕事空間と生活空間は分けたいところ。

仕事部屋として使える部屋があると、オンライン会議が必要なときも焦らずに済みます。

部屋が空いていない場合は、一部屋を簡易的に生活空間と区切るのがおすすめ。

家具やカーテンを使って仕事時だけでも区切ると、仕事に集中できるワークスペースになります。

作業しやすいパソコンラックとチェアを用意する

急に決まったテレワークで、「とりあえず今ある机とチェアで作業している」という方も多いですよね。

しかし作業効率をアップするためには、作業しやすいパソコンラックとチェアが必要です。

パソコンラックは適切な高さにアジャストできるものだと、目線を高くして疲労を軽減できます。

チェアは肘置きのあるものだと長時間の作業でも疲れにくいです。この機会に、ぜひ導入してみてください。

AirPods Proで集中力を高める

資金に余裕がある方は、AirPods Proもおすすめです。

AirPods Proは一般的なイヤホンやヘッドホンに比べると、ノイズキャンセリング機能がとても優秀。

そのため自分の集中できる音楽を流せば、余計な物音をシャットダウンして集中しやすい環境になります。

逆に外部の音を取り込むこともできるので、家族と同居している方にとってはほどよい距離感を保つのに役立ちます。

テレワークが捗る環境を作ろう

今回は、テレワークが捗る理想の部屋づくりを紹介しました。

テレワークが急に決まって、いつもと違う環境での仕事に戸惑いますよね。

しかしテレワークが捗る環境を整えておけば、コロナが収まってからも趣味や勉強など自分のやりたいことに集中して取り組める場所になります。

ぜひこの機会に、テレワークのしやすい環境をリガードと考えてみませんか?

関連する記事を見る