REGARD

屋外ゴミ置き場でゴミ捨てを楽ちんに!間取りのポイント

家づくりの段階でキチンと決めておきたい、屋外ゴミ置き場の位置。意外と見落としがちですが、ゴミはどこのご家庭でも毎日出るもの。しっかり位置を考えておかないと、ゴミ捨ての手間が増えてしまいます。そこで今回は、屋外ゴミ捨て場の間取りを考えるポイントをご紹介します。

キッチン勝手口の近く

ゴミが一番出る場所と言えば、キッチン。特にキッチンで出る生ごみは、臭いや虫の発生源となるのでなるべく室内に置いておきたくないですよね。キッチンの勝手口近くに屋外ゴミ置き場があれば、ゴミが出たときにすぐ外に出せます。

キッチン近くの掃き出し窓の近く

土地や間取りの関係で勝手口を作れない場合もありますよね。そんな時は、キッチン近くに掃き出し窓をつくり、そこに屋外ゴミ置き場を設けましょう。人の出入りはできなくても、ゴミはすぐ外に出せます。わざわざ玄関から靴を履いて捨てに行かなくても、手を伸ばすだけで外に出せて便利です。

ゴミ収集場所に近い

意外と見落としがちなのが、ゴミ収集場所との距離感。特に生ゴミは重くなりがちなので、遠くの収集場所まで運ぶのは大変だし面倒くさいもの。収集場所と反対方向に屋外ゴミ置き場を作ってしまったら、直線距離にそこまで差が無くても実際に運ぶときはかなり遠回りしなければならないことも……。なるべくゴミ収集場所に近い場所に屋外ゴミ置き場を作って、楽に持っていけるようにしましょう。地域や住んでいる住宅地によってゴミ収集場所は異なるので、事前に確認してから間取りを決めるのがおすすめです。

屋外ゴミ置き場で家事の手間を削減しよう!

今回は、屋外ゴミ捨て場の間取りを考えるポイントをご紹介しました。見落としがちですが、ゴミ捨ては毎日、毎週続くこと。家事はちょっとした作業の積み重ねなので、些細なことでも手間を削減できるように家づくりの段階で考えておくと、結果的に家事がかなり楽になります!間取りなどで悩んだときは、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家が快適に暮らせる家づくりをご提案いたします。

関連する記事を見る