REGARD

アトピーや喘息に負けない家づくりのススメ

小さな子どもがいるご家庭だと、アトピーや喘息の対策はしっかりしておきたいもの。アトピーや喘息にはさまざまな原因がありますが、発症原因として多いのが環境の影響です。長い時間を過ごす家の環境から見直していきたいですよね。そこで今回は、アトピーや喘息に負けない家づくりについてご紹介します。

通気性の良い間取りにする

アトピーや喘息などさまざまなアレルギー性疾患の原因となるのが、ダニ。最近の住宅は気密性が高いため、部屋の片隅などは湿度が高くなりがちです。その結果、ダニの生息しやすい「高温多湿」の条件を作り出してしまいます。これを防ぐためには、通気性の良い間取りにすることが大切。対角線上に窓を2か所設けて、空気の流れを作れるようにしましょう。

風の吹き方や方向は地域や季節によって異なりますが、基本的には北側と南側の2か所に窓を設置すると、自然の風がスムーズに抜けて風通しの良い家になります。窓を1か所しか設けられない場合は、換気扇を設置するのもひとつの手です。

湿度を適切に保つ壁材を選ぶ

先述の通り湿度が高いとカビやダニが繁殖しやすくなるため、湿度を適切に保つ壁材を選ぶのも効果的です。具体的には天然スイス漆喰やシラス壁、珪藻土などがおすすめ。人間と同じように呼吸をして、湿気が高いときは吸収、低いときは放出してくれるので、室内の湿度を適切に保ってくれます。

無垢のフローリング材を使用する

床には無垢のフローリング材などの自然素材を使用するのがおすすめです。天然スイス漆喰やシラス壁などと同様に調質効果があるため、カビやダニの繁殖を防ぎます。また木独特の香りや温もりからリラックスできて、ストレスが軽減されるのも健康に良いメリットです。

毎日過ごす環境から健康に!

今回は、アトピーや喘息に負けない家づくりについてご紹介しました。肌の痒みや息苦しさに悩まされる日々は、子どもも大人も辛いもの。少しでも改善・予防できるように、家づくりをきっかけに毎日過ごす環境を見直していきましょう。家族みんなが健康に過ごせる家づくりを叶えるなら、ぜひリガードへご相談ください。経験豊富なアトリエ建築家が、ご施主様のライフスタイルやご希望に沿って最適なご提案をし、家づくりをサポートいたします。

関連する記事を見る