REGARD

自在棚でスッキリ収納!設置のポイントをご紹介

ライフスタイルや色の好みの変化に合わせて、よく使う調理家電や食材は変わってきます。そんな変化に対応できるように、活用したいのが自在棚。棚の位置を自由に変えられるので、新しい収納を買わなくても、入れたいものをぴったり収納できるのが大きな魅力です。今回は収納棚を設置するポイントをご紹介します。

収納場所を明確にしてデザインテイストを決める

自在棚は、長く使うことになる収納家具。安易に選ぶと「周りのインテリアと雰囲気が合わない」なんて失敗もしがちです。収納場所を明確にして、ほかの家具のイメージを考えてからデザインテイストを決めましょう。

動線も意識した場所に設置する

朝の忙しい時間帯や夕食時、バタバタと動き回ることの多いキッチンでは、動線も意識することが大切です。せっかく自在棚をつくっても、動線がちぐはぐな場所に設置してしまうと料理の効率を下げてしまうことも。自分がキッチンでどのように動くのか、どの位置に何があったら便利かを考えて設置場所を決めましょう。また、よく料理する人の身長に合わせた自在棚にすることも大切です。身長より高すぎる自在棚を選ぶと、上のスペースを無駄にしてしまいます。

何を置くかを考えてコンセントの位置を決める

自在棚にどの家電を置くか、あらかじめ大体の位置を決めておくとコンセントの位置も決めやすくなります。家電すぐ横にコンセントが来るとコードがスッキリしてスペースを無駄にせずに済みます。

ゴミ箱スペースを設ける

自在棚の下部にゴミ箱スペースを設けると、料理の際に出たゴミをさっと捨てられて便利です。足元がスッキリするので、調理スペースを広くできるのもメリット。ゴミ箱はキャスター付きで移動しやすくしておくと、ごみ捨てもしやすいです。

自在棚で快適に料理できるキッチンをつくろう

今回は収納棚を設置するポイントをご紹介しました。自在棚があれば、ライフスタイルの変化に応じて収納も自在に変化できるので、常に料理しやすい環境を維持できます。いつお客さんが来ても慌てずに済む、すっきりしたキッチンになるでしょう。「こんなキッチンにしたい」という理想があるなら、ぜひリガードへご相談ください。経験豊富なアトリエ建築家が、ご施主様のライフスタイルに合った理想の家づくりを叶えるお手伝いをいたします。

関連する記事を見る