REGARD

ベランダやお庭を守る。効果的な鳥よけ対策

「朝方は鳥の鳴き声で目を覚ます……」聞こえは良いですが、鳥はベランダや庭を汚す憎き存在でもありますよね。人に慣れた鳥たちは、近くで人が暮らしていてもお構いなしで溜まり場にします。運悪くベランダや庭が鳥の溜まり場になってしまうと、大量のフンや羽などに悩まされる羽目に……。しかし野鳥の駆除は鳥獣保護法によって規制されており、直接撃退できないのが現状です。そこで今回は、規制の範囲内でできる効果的な鳥よけの方法をご紹介します。

防鳥ネットを張り巡らせる

物理的に鳥の侵入を防ぐなら、防鳥ネットが効果的です。網目の細かいネットをベランダに設置しておけば、設置したその日から鳥に悩まされずに済みます。家庭菜園を守るのにも効果的です。しかし景観は悪くなるのと、フンはネットを通り抜けてしまうのがデメリット。景観を崩したくない方には、網が細く透明な素材でできている防鳥ネットがおすすめです。

スパイク(針山)を設置する

ベランダの手すりなどに鳥よけ用のスパイク(針山)を設置することで、鳥が留まり続けることを防げます。すでに溜まり場になっていたなら設置してもしばらくは来るかもしれませんが、「この場所は留まりづらい」と鳥が覚えれば他の場所に移動します。ステンレス製のスパイクならサビることもなく、屋外でも長く使えて費用対効果が高いです。スパイクに触れると人もケガしてしまう恐れがあるので、小さな子どものいるご家庭には注意が必要です。

芳香剤を設置する

鳥は嗅覚が優れているため、嫌な匂いがする場所を避けます。キツい塩素の匂いのする漂白剤や虫よけ用の木酢液、バラやミントの香りの芳香剤など、自然界に存在しない人工的な匂いは鳥にとって嫌な匂いです。トイレ用の芳香剤を設置することで、鳥はその場所を覚えて近づかなくなります。人にとっては良い匂いなので、一石二鳥の鳥よけ対策ですね。

効率的な鳥よけ対策で鳥害を防ごう

今回は、規制の範囲内でできる効果的な鳥よけの方法をご紹介しました。鳥よけ対策として定番だったCDや光るものなどは、鳥が人慣れすると共に効果がなくなってきています。効果的に対策するなら、物理的に近づけないようにするのが一番。景観を損ねたくないなら、鳥の苦手な匂いで遠ざけるのも有効です。ベランダや庭のある家づくりをするなら、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。