REGARD

大量発生する前に!お庭や室内へのアリの侵入を防ぐ対策

気温が上がり心地よい季節になるとともに、虫との格闘も始まります。中でも人々の頭を悩ませるのが、小さな隙間から入り込んで庭や室内を荒らす大量のアリ。どれだけ対策しても次から次へと現れて困っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、お庭や室内へのアリの侵入を防ぐ対策をご紹介します。

部屋を清潔に保つ

アリが入ってくるのは、そこに食料があるからです。絨毯や畳、フローリングなどに食べカスが落ちていると、それを目掛けてアリたちはやってきます。アリの侵入を防ぐには、まず部屋を清潔に保つことが重要なポイントです。大人はこぼさずに食べていても、小さなお子さんや室内飼いのペットがいると気づかないうちに食べかすが落ちてしまいがち。ジュースをこぼした後に残った、わずかな糖分にもアリは群がります。こまめに掃除機をかけたりフローリングを拭いたりして、アリたちの食料を部屋に残さないようにしましょう。

食品はしっかり密封する

砂糖やお菓子など、使いかけ、食べかけのものはしっかり密封しましょう。輪ゴムやクリップで留めただけだと、匂いを嗅ぎつけてアリがやってきます。いざ食べようとしたら、アリがびっしり……なんてことになったら気持ち悪いですよね。保存容器やチャック付きの袋に入れ替えて密封しておけば匂いが外に漏れることがなく、アリにも気づかれません。意外と見落としがちですが、食品だけでなく甘い香りのする歯磨き粉や液体歯磨きも要注意。使った後は液だれがないよう、しっかりキャップをして保管しましょう。

地面に直接ものを置かない

庭に発生したアリは、すぐに巣をつくって大量に繁殖します。巣を作られないようにするには、地面に直接ものを置かないようにするのが効果的です。庭で使うジョウロやバケツも、なるべく置きっぱなしにせず物置や玄関収納に片づけましょう。地面に直接敷いているシートやレンガ、芝生にも注意が必要です。定期的に下を確認してお手入れすると、営巣を防げます。

アリの大量発生を防いで快適に

今回は、お庭や室内へのアリの侵入を防ぐ対策をご紹介しました。一匹一匹が小さいからこそ、一度アリが大量発生してしまうと根こそぎ退治するのは大変です。大量発生する前に、侵入されない対策で家を守りましょう。家の虫対策について不安や疑問がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。