REGARD

子どもが巣立った後の部屋の活用方法

子どもが生まれたり、成長の過程で子ども部屋が必要になったりして家づくりを検討する方は多いでしょう。しかし、子どもはいずれ巣立っていくもの。子どもが自立して巣立った後には、子ども部屋だけが残されてしまいます。そのままにしておくのはもったいないので、有効活用したいもの。今回は、子どもが巣立った後の部屋の活用方法をご紹介します。

書斎や趣味の部屋に

空いた部屋を、書斎や趣味の部屋として活用できます。参考書や漫画が並んでいた本棚には、好きな本をコレクションしてずらりと並べてみるのも良し。勉強机があるなら手芸やハンドメイドを楽しむ部屋にもぴったりです。防音設計にしておけば、子どもが小さいうちはどれだけ騒いでも安心で、巣立った後は音楽を楽しむ部屋としても活用できます。

シアタールームの部屋に

プロジェクターとスクリーンを設置すれば、自宅で映画館気分を味わえるシアタールームに。一面だけでも白い壁があれば、スクリーンも必要ありません。「週末は夫婦でゆっくりお酒を飲みながら映画鑑賞」なんて過ごし方も素敵ですね。

来客用の部屋として

リフォームして、来客用の部屋にするのも良い活用方法です。来客専用の部屋があれば、ここだけきれいに保っておけば急な来客にも慌てずに済みます。子どもが結婚して新しい家族が増えたとき、帰省したときなどにも何かと便利です。

自宅でサロンや教室

子育てがひと段落した後の第二の人生、好きなことをして生きるべく自宅でサロンや教室を開くのも良いですね。子どもが使っていたおもちゃや本棚などを残しておけば、小さな子どもを連れてきても安心の教室になるはずです。

将来をイメージして子ども部屋をつくろう

今回は、子どもが巣立った後の部屋の活用方法をご紹介しました。家づくりでは子どもを中心に考えがちですが、子どもが巣立った後も人生の長い時間を過ごすことになります。夫婦二人でも快適に暮らせるよう、将来を見据えて設計していくことが重要です。「後悔のない家づくりをしたい」という方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。