REGARD

幼稚園&小学生のママ・パパ必見!朝のルーティンを楽にするアイデア

「お母さん、あれがない!」「早くしないと間に合わないよ」と声が飛び交う、まるで戦場のような朝。幼稚園や小学生の子どもを持つパパ、ママにとっては、よくある光景ではないでしょうか。スムーズに1日を始めるなら、朝のルーティンを見直すのがポイント。今回は朝のルーティンを楽にするアイデアをご紹介します。

カーテンをあけて太陽を浴びる

何度起こしても起きなかったり、起きても二度寝してしまったり……すっきり目覚めてくれないことにお悩みの方も多いですよね。そこで朝のルーティンの1番最初に組み込みたいのが、カーテンをあけて太陽を浴びること。太陽を浴びると「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの分泌が抑制され、体を活動モードに切り替えることができます。くもりや雨の日は、窓から外を見るだけでも効果的。「そもそも起きられない」というお子さんには、起きたときに太陽の光が入るように、少しだけカーテンを開けておくと良いでしょう。

お仕度ボード

「時間がないのに、目を離すとボーっと座ってテレビを見てる」という事態を防ぐための便利アイテムが、お仕度ボード。ホワイトボードや黒板などに、「顔を洗う」「歯磨きする」というように朝の時間にやるべきルーティンを書き出します。朝は頭がボーっとしてしまうので、「次何するんだっけ?」と手が止まりがち。可視化することで、迷うことなく行動できます。

幼稚園や保育園に通う小さなお子さんは、言葉と一緒に絵も描いておくのがおすすめ。パッと見てわかりやすいと、スムーズに準備が進みます。最近では100円ショップでもお仕度ボード用のセットが販売されているので、活用してみましょう。

必需品専用の箱、フック、棚を用意する

「あれがない!」を解消するには、物の置き場所を明確にしておくことが効果的です。朝に持っていくものをまとめられるよう、必需品専用の箱、フック、棚などを用意しましょう。帰ってきたらすぐそこに片づけるように習慣化すれば、もう物を探す必要もなくなります。

朝のルーティンを見直して毎朝を快適に

今回は朝のルーティンを楽にするアイデアをご紹介します。朝のバタバタのストレスから開放されるためには、「なぜバタバタしてしまうのか」原因を知り対策を立てる必要があります。対策をルーティンに組み込むことで、毎朝の準備がぐっと楽になるはず。「子育てしやすい家づくりをしたい」という方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。