REGARD

おでかけが一気に快適に!スマートキーのメリット・デメリットをご紹介

暗い時間に帰ってきた時や雨の日に、「早く家に入りたいのに、鞄の中から鍵がなかなか見つからない」「荷物で両手がふさがっていて鍵の開け閉めが面倒」なんて経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。そんなストレスを解消するのが、スマートキーです。スマートキーとは、ドアのハンドル部分にかざすだけで鍵を開け閉めできるシステムのことです。最近ではスマートフォンを活用したスマートキーのシステムもあり、鍵が手元になくてもスマートフォンをかざすだけで鍵の開け閉めができます。今回は、スマートキーのメリット・デメリットをご紹介します。

スマートキーのメリット

スマートキーのメリットは、鍵を開け閉めする手間が大きく削減されることです。 「鍵を鍵穴に差し込んで回す」という小さな動作ですが、毎日出掛けるたびに繰り返すとなると意外と手間になるもの。特に両手が荷物でふさがっていたり、小さなお子様を連れていたりすると、すぐに開け閉めできず面倒に感じてしまうことも多いでしょう。スマートキーなら、ピットかざすだけで開け閉めできるのでこうしたストレスが解消されます。暗いときや手が冷たくてかじかむときにも簡単に開け閉めできて便利です。

スマートキーのデメリット

便利なスマートキーですが、その分通常の鍵に比べると費用がかさんでしまうのはデメリット。また、故障や電池切れのリスクもあります。いざというときのために電池のいらない通常の鍵も持ち歩いておく必要があります。

お出かけが一気に楽になるスマートキー

今回は、スマートキーのメリット・デメリットをご紹介しました。費用はかかるものの、鍵は毎日使うもの。鍵の開け閉めが楽になるだけで一気にお出かけがノンストレスになるので、「オプションでお金を払ってもつけるべき」という声も多いです。家づくりについて悩みや不安がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。