REGARD

子どもが自分で片づけられる!ランドセル収納のアイデア

この春から小学校に入学したお子様がいるご家庭で「ランドセル収納」にお悩みの方も多いのではないでしょうか。普通のバッグに比べてずっしりと重く存在感があるランドセル。リビングや玄関にほったらかしにされがちで、家事の邪魔になったり散らかった印象になったりして困りますよね。そこで今回は、子どもが自分で片づけられるランドセル収納のアイデアをご紹介します。

カラーボックス

幅広い使い方ができるカラーボックスは、ランドセル収納にもぴったり。カラーボックスは、一段のサイズがランドセル一個すっぽり入るサイズ設定であることが多いんです。一番上をランドセル収納に、2段目や3段目に文房具や教科書など学用品を収納すると、学校の準備がここだけでできてスムーズです。

カゴ収納

「何度言ってもランドセルを片づけてくれない!」そんなお子様におすすめなのが、カゴっ収納です。ポイっと入れるだけなので、お片付けが苦手なお子様でもハードルが低いのがポイント。お部屋のインテリアにもマッチしたカゴを選べば、中身が丸見えでも生活感をあまり出さずに収納できます。

ワゴン

今後収納の位置を変えたい方におすすめなのがワゴンです。まだ入学したばかりだと、学校の準備はお父さんお母さんと一緒にするお子様も多いですよね。ワゴンなら簡単に動かせるので、低学年のうちはリビングに、高学年になると子供部屋にと、スムーズに移動できます。ランドセルがちょうど収まるジャストサイズで、学校に持って行くものもまとめて収納できます。

ランドセル収納を用意してスッキリした家に!

今回は、子どもが自分で片づけられるランドセル収納のアイデアをご紹介しました。ランドセル収納があれば、子どももスムーズに片づけられる習慣がつきます。必要なものを一緒にまとめておけば、バタバタしがちな朝の時間も楽になるでしょう。収納について悩みや不安がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。