REGARD

万が一に備えよう!自宅に置いておきたい防災グッズ

東日本大震災から10年を迎えた今年。近年は台風や地震、豪雨など、大規模の自然災害も多く発生しています。自分は大丈夫と思っていても、自然災害はいつどこで起きるか分かりません。災害時を生き延びるためには、日頃の備えがとても重要です。そこで今回は、自宅に置いておきたい防災グッズについてご紹介します。

用意しておくもの

災害グッズには、以下のようなものを揃えておきましょう。

  • 飲料水、食料
  • 貴重品
  • 防災ずきん、ヘルメット
  • マスク
  • 軍手、手袋
  • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬、お薬手帳など)
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 携帯電話の充電器

すぐに持ち出せるよう、あらかじめまとめて詰めておきましょう。災害時はどんな状況で避難しなければいけないか分からないため、両手が空くリュックサックが最適です。

飲料水や食料は、家族の人数分を最低でも3日分、できれば1週間分を用意しておきましょう。災害時いざ食べようと思ったときに「消費期限が切れていた!」ということのないよう、適宜入れ替えが必要です。

他にも女性の場合は生理用品、小さなお子様の場合はミルクやおむつ、おしりふき、高齢者の場合は杖、持病の薬、お薬手帳のコピーなど、家族構成に合わせて必要なものを用意しておきましょう。

防災グッズの置き場所は?

せっかく防災グッズを用意していても、「しばらく使わないから」「邪魔だから」と押し入れなどに片づけてしまうのはNGです。いざというときに持ち出せなければ意味がありません。防災グッズの置き場所は、リビング、寝室などすぐ持ち出せる場所がおすすめです。置き場所は家族で共有し、手が空いている人が誰でも取りに行けるようにしておきましょう。

防災グッズで万が一に備えよう

今回は、自宅に置いておきたい防災グッズについてご紹介しました。災害時の避難は、1秒でも命取りになります。家族全員の命を守れるように、災害グッズをすぐに持ち出せる場所に用意しておきましょう。家づくりについてご希望がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。