REGARD

注文住宅で失敗しないために配慮すべきポイント3選!

人生一度きりの家づくり

憧れのマイホームの購入は、人生で一度きり、最大のお買い物という方がほとんど。せっかく手に入れるのであれば、理想の家にしたいということで、注文住宅を検討されている方も多いと思います。ところが、あれもこれもと詰め込みすぎたり、デザインにこだわりすぎて住みづらくなったり、家づくりでしくじったという声もよく聞かれます。注文住宅で失敗しないためには、どんな点に注意するとよいのでしょうか。

注文住宅で失敗しないために押さえるべきポイント

注文住宅を依頼する際に注意すべき点は多岐にわたります。納得のいく家を手に入れるために、とくに押さえたいポイントを3つ取り上げてご紹介します。

1.資金計画を念入りに立てる

どんな家にするかも大事ですが、家づくりが片付いたあとに待つのが住宅ローン。家にはできるだけ多くの機能を持たせ、上質な素材を使用したいと思いがちですが、「長い目で見ると必要なかった」というケースも少なくありません。返済が負担にならないためにも、入念に資金計画を練りましょう。

2.ライフスタイルに適した家づくりを

住宅を購入すると、何十年も続く住宅ローンだけでなく、固定資産税やメンテナンス費用など、さまざまな支出が生じることになります。そのほか、生活費や養育費はもちろん、思いがけない出費が発生することも。あらゆる事態を想定しながら必要な機能・品質を見極め、ライフスタイルに適した家づくりをすることが大切です。

3.ライフスタイルの変化について考える

時間の経過とともにライフスタイルは大きく変化するものです。たとえば、子供は大きくなれば自分の部屋が欲しくなり、物が増えるにつれて収納スペースも必要になります。歳をとると階段で二階に上がるのが億劫になるかもしれません。30年、40年と長く住むことになるわけですから、年齢に応じた生活のあり方をふまえて設計することが求められます。

デザイン性と機能を兼備した理想の家づくりをサポート

今日大事に思えることが明日にはどうでもよくなったり、今日は気がつきもしなかったことが明日には重要になったり…。長くいつまでも快適に過ごせる家を作るのは決して簡単なことではありません。リガードでは、高い機能とデザイン性を兼ね備えた安心して過ごせる家を、リーズナブルな価格で提供しています。理想的な家づくりをお手伝いするためのセミナーも随時開催中です。ぜひお気軽にお問い合わせください。