REGARD

貰わなきゃ損?住宅に関する補助金制度を活用しよう。

マイホームを建てる際には、貰わないと損をしてしまう、住宅に関する補助金制度があります。住宅の購入には、住宅ローンの頭金など多額の資金が必要になりますから、少しでも補助金が活用できるとよいでしょう。ここでは、貰わないと損をする、住宅に関する補助金制度を活用する方法について、分かりやすく解説したいと思います。

住宅に関する補助金制度を学んで賢く活用しよう

住宅に関する補助金制度は、地方自治体や私たちの所得等によって大きく異なっており、把握して賢く活用する必要があります。例えば、「住宅ローン減税」は、入居してから10年間の間、年末ローンの残高によって所得税が減税される制度です。「すまい給付金」は、消費税引き上げによる負担を緩和する目的で、住宅購入者の収入に応じて補助金が給付される制度となっています。他にも、「長期優良住宅の補助金制度」があり、住宅ローン減税において優遇措置がとられています。

エコ関連やその他の補助金制度を活用しよう

最近では、エコ関連の住宅設備を設置することで、補助金が給付される制度が注目を集めています。例えば、空気でお湯が沸かせる「エコキュート」や、天然ガスで電気や熱を利用する「エコウィル」、家庭用燃料電池の「エネファーム」などがあります。これらのエコ関連設備を利用することで、地方自治体などから補助金が受け取れる制度があるのです。他にも以下のような補助金制度があります。

・エネファーム設置補助 2014
・省エネリフォーム補助金
・ゼロエネ住宅補助金
・木材利用ポイント 2014
・住宅の耐震診断・耐震改修補助制度 – 2014

«参考URL» http://www.sumai-fun.com/money/

住宅に関する補助金制度について専門家に相談してみよう

住宅に関連した補助金制度は、地方自治体やその他諸条件によって大きく異なりますので、詳細について尋ねてみるとよいでしょう。こうした補助金制度をしっかり勉強して活用することで、少しでもお得に住宅を建てることができます。活用できる補助金制度は毎年のように内容が新しくなっていますので、住宅の専門家に相談してみるとよいでしょう。リガードでは、お客様に合った補助金制度を案内してくれますので、相談してみるのもよいかもしれません。

まとめ

住宅に関する補助金制度を利用することで、賢く家を建てることができます。「住宅ローン減税」や「長期優良住宅の補助金制度」はもちろんのこと、最新のエコ関連の設備を導入して、お得に快適な住まい作りをしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事を見る