REGARD

憧れのマイホーム。みんな平均で頭金をいくら位払っているの?

憧れのマイホームを購入するためには、住宅価格の一部である「頭金」を支払って、住宅ローンを組むのが一般的です。では、みんな平均でどのくらいの「頭金」を払って、マイホームを購入しているのでしょうか。ここでは、憧れのマイホームを購入するために、平均してどのくらいの頭金を払っているのか、分かりやすく解説したいと思います。

憧れのマイホームには「頭金」と努力が必要!

憧れのマイホームを購入するためには、住宅ローンの頭金を支払う必要があります。もちろん、頭金を多く支払えば支払うほど、将来的なローンの負担を減らすことができますが、頭金を貯めるのは決して簡単なことではありません。頭金を少しでも多く払いたいという気持ちと、頭金を貯めている間に価格やローン金利が上昇する可能性の両方を考えるかもしれません。そこで気になるのが、みんな平均でどのくらいの頭金を払って、マイホームを購入しているかです。

みんな平均でどのくらいの頭金を払っているの?

平均的に見ると、物件価格の2割程度を頭金とするのが理想のようです。大切なのは、頭金を含めた住宅価格が自分の経済力に合っているかを検討することです。データを見てみると、首都圏の平均的な頭金は土地付注文住宅で520万円、建売住宅で448万円、マンションで824万円となっています。全国的に見ると、土地付注文住宅で356万円、建売住宅で399万円、マンションで741万円となっています。こうしてみると、最低でも1割、理想は2割の頭金を支払うのが平均と言えそうです。

《参考記事》http://president.jp/articles/-/11241

マイホームの頭金のことなら住まいの専門家に相談しよう

マイホームを購入するためには、住宅価格の2割程度の頭金を払うのが理想的だとお伝えしました。つまり、頭金を準備するためには、それなりの覚悟と努力が必要なのです。憧れのマイホームを実現するために、毎日の生活でお金を貯める習慣を身に付けるようにしましょう。住宅の頭金のことで不安を感じたなら、住まいの専門家に相談してみるとよいかもしれません。リガードでは、住宅購入の頭金について、お客様の生活に合った方法を提案してくれます。

まとめ

憧れのマイホームを購入するには、それなりの頭金と努力が必要であることが、少しでもご理解いただけたかと思います。大切なのは、こつこつとお金を貯める努力と、身の丈に合った価格のマイホームを購入することなのです。

関連する記事を見る