REGARD

頭金なしでも買えると喧伝する住宅ローンの罠

最近では、頭金なしでもマイホームが買える住宅ローンが増えてきました。家賃を払いながら頭金を貯金するのは大変ですから、頭金なしの住宅ローンは魅力的に思えるかもしれません。とはいえ、頭金なしの住宅ローンには、それなりに注意すべき点もあるのです。ここでは、頭金なしでも買える住宅ローンの罠について、分かりやすく解説します。

頭金なしでもマイホームが買える住宅ローン

一般的に、住宅価格の2割程度の頭金が理想的だと言われていますが、最近では頭金なしでもマイホームが買える住宅ローンが増えつつあります。例えば、住宅金融支援機構の「フラット35」では、物件価格の全額を借りることができます。家賃を払いながら頭金を貯めるのは大変ですし、価格や金利が上昇する可能性を考えると、頭金なしですぐに購入できるのは魅力的に思えるかもしれません。とはいえ、住宅ローン全額が借金であることを忘れてはいけません。

頭金なしでも買える住宅ローンの罠って何?

頭金なしの住宅ローンであれば、当然ながら借金額が多くなりますから、毎月の返済金額が大きくなり、生活が苦しくなるという可能性が考えられます。もしローンが払えなければ住宅を売却すればいいと考えるかもしれませんが、中古物件は売れたとしても価格は8割程度になることがあります。そうなると、生活費を払いながら、ローンだけは残るという状況に陥る可能性もあるのです。大切なのは、自分の身の丈に合った価格の住宅を購入する準備なのです。

頭金なしの住宅ローンについて専門家に相談してみよう

頭金なしの住宅ローンでマイホームを購入すると、借金が増えて生活費が圧迫されることをしっかり理解しておきましょう。頭金を貯めるのは大変ですし、価格や金利が上昇するのも心配ですが、理想的なのは住宅価格の2割程度の頭金を準備することです。それでも、頭金なしの住宅ローンについて考えておられるなら、住まいの専門家に相談されることをオススメします。リガードなら、頭金なしの住宅ローンについて、手とり足とり教えてくれます。不安を感じている方は話を聞いてみるとよいでしょう。

まとめ

頭金なしでもマイホームを購入できる住宅ローンには、注意すべき罠があることをご理解いただけたでしょうか。頭金を貯金するのは大変ですが、少しずつ節約して、自分の経済力に合った住宅を購入するようにしましょう。

関連する記事を見る