REGARD

元利均等返済と元金均等返済という2種類の返済方法があるって知ってた?

住宅ローンの返済方法には、元金均等返済と元利均等返済という2種類の方法があるってご存知でしたか。この2種類の返済方法には、それぞれに異なるメリットやデメリットがあります。ここでは、元金均等返済と元利均等返済という2種類の返済方法について、分かりやすく解説したいと思います。

元利均等返済のメリットとデメリット

元利均等返済とは、元金と利息の合計金額を毎月均等に返していく返済方法のことです。元利均等返済では毎月の返済金額が変わらないため、返済金額を把握しやすく、将来の返済や家計収支が予想しやすいというメリットがあります。一方で、同じ返済期間で考えた場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなるというデメリットもありますが、繰上返済を定期的に行うことで返済額を減らすことができます。

元金均等返済のメリットとデメリット

元金均等返済とは、最初の返済金額が大きいものの、徐々に返済額が小さくなる返済方法のことです。一回目の返済額は多くなりますが、返済額は返済が進むにつれて少なくなり、総返済額が元利均等返済よりも少なくなるというメリットがあります。一方で、返済開始当初の返済額が最も高いため、最初の負担が大きく、必要とする月収も高くなるというデメリットがあります。長い目で考えれば、総返済額が少ない元金均等返済を選びたいところですが、最初の返済額が大きいことから、借入できる金額が少なくなる可能性もあります。

返済方法のことなら住まいの専門家に相談してみよう

元利均等返済と元金均等返済のどちらがよいかは、返済終了までの収入や支出の見込み、定年退職の時期などを考慮して、自分の計画に適した返済方法を選ぶようにしましょう。家計の管理に不安がある場合には、毎月の返済額が変わらない元利均等返済を選ぶと分かりやすいでしょう。元利均等返済と元金均等返済の選び方に関しては、住宅の専門家に相談してみてもよいでしょう。返済方法のことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

元利均等返済と元金均等返済のうちどちらがお得かだけではなく、自分に適している返済方法を選ぶようにしましょう。無理のない返済計画を立てれば、安心して暮らすことが出来るでしょう。

関連する記事を見る