REGARD

注文住宅の見積もりで「予算オーバー」した時に知ってほしいこと

注文住宅の見積もりで躓いた時、知ってほしいこと

家づくりの序盤の重要なステップに、「見積もり」があります。
家づくりにかかる費用についてなので、とても重要な部分ですよね。

「土地〇〇万円、建物△△万円」という希望を描いて見積もりを依頼したとき、希望を聞いていくと、一千万円以上予算をオーバーする方も少なくないです。

この金額は決して少ない金額ではありません。
しかし、一千万円分の予算を削るために設備のグレードを落としたり、土地探しをやり直したりすると理想とはかけ離れた家になってしまう場合も・・・
住んでからのことを考えると、ただ予算に収めるように金額を抑えていくだけでは満足のいく家づくりにはならないものですよね。

そんな時、リガードではどのような解決方法を提案しているのか、少しご紹介したいと思います。

家づくりの予算はどう決めるべき?

家づくりの予算を相談するにあたり、リガードが重視するのは「お施主様の理解度は一人ひとり違う」ということです。
お施主様それぞれ、それまで回ってきたハウスメーカーや工務店で受けてきた説明や、間取り・土地の広さに対する感覚値の有無、家づくりの基準や法律に関する理解度が違います。

リガードでは、まずは「最新の家づくりに必要な知識を持っていただく」ことから始めます。
そうすることで、予算にマッチさせるために見積もりから削れる部分はどこなのかが具体的に考えやすくなるのです。

また、お施主様ご自身で知識を得て、ご自身で見積もりから譲れない部分、削れる部分を判断することで、完成した家により愛着が湧くものだと考えます。

施工業者に言われた通りにするよりも、お施主様の判断を大切にしたいと考えます。
そのために、プロならではの最新の正しい知識を提供させていただきたいと考えております。

リガードでは「住むコトブログ」で様々な情報を発信しております。

耐震等級3の評価方法基準は二つ 構造計算する場合の費用の内訳は?

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)化をめざす日本 その未来像とは

しかし、お施主様一人一人補うべき部分は変わってきます。
Webでの情報収集も家づくりの第一歩としてとても大切なことではありますが、やはりプロと対面で話すことが一番効率も良く、必要な知識を得やすいでしょう。

現地見学で予算感を掴むことは重要

リガードでは、お施主様のニーズにあった現地見学にお誘いしております。
例えば、二世帯住宅をご希望の方には、二世帯住宅の見学会や住宅事例をお見せします。
同じニーズで建てた事例を見ることで、イメージが掴みやすくなるからです。

注文住宅の見積もりで、不安を感じたらリガードへ

西東京エリアの注文住宅で、見積もり段階で「あれっ?」と思うことがあればぜひリガードへご相談ください。
これまで数社を回って来られた方でも、お伝えしたいことが必ず出てきます。

必ずやお役に立たせていただきます。

CATEGORY

コスト削減,

関連する記事を見る